第39回:アウディA6

2019.07.03 カーデザイナー明照寺彰の直言
アウディA6
アウディA6拡大

アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。

ステーションワゴン「A6アバント」のリアビュー。2018年のジュネーブショーで発表された現行型A6は、エンジンやパワープラントが従来モデルから刷新された。
ステーションワゴン「A6アバント」のリアビュー。2018年のジュネーブショーで発表された現行型A6は、エンジンやパワープラントが従来モデルから刷新された。拡大
「A6」のサイドビュー。Cピラーにクオーターガラスを持つシックスライトのデザインは、「アウディ100」の時代から受け継がれるA6の伝統である。
「A6」のサイドビュー。Cピラーにクオーターガラスを持つシックスライトのデザインは、「アウディ100」の時代から受け継がれるA6の伝統である。拡大
「BMW 5シリーズ」のサイドビュー。前輪をキャビンから遠ざけたタイヤのレイアウトや、分かりやすいまでのロングノーズ・ショートデッキのフォルムなど、FRの駆動レイアウトを存分に生かしたデザインとなっている。
「BMW 5シリーズ」のサイドビュー。前輪をキャビンから遠ざけたタイヤのレイアウトや、分かりやすいまでのロングノーズ・ショートデッキのフォルムなど、FRの駆動レイアウトを存分に生かしたデザインとなっている。拡大
往年の「アウディ・クワトロ」をモチーフにしたというフェンダーまわりの意匠。大きく張り出したフェンダーを、2本のキャラクターラインの間に出来た上向きの面が、より強調している。
往年の「アウディ・クワトロ」をモチーフにしたというフェンダーまわりの意匠。大きく張り出したフェンダーを、2本のキャラクターラインの間に出来た上向きの面が、より強調している。拡大

行き着くとこまで来ちゃってません?

永福ランプ(以下、永福):アウディのデザインについては、以前「袋小路にはまっているんじゃないか?」って話をしましたが、明照寺さんは新しいA6をどう見ましたか?

明照寺彰(以下、明照寺):まず全体のプロポーションですけど、これはA6が代々継承しているシックスライトですね。A6は頑固にこれを守っているわけですが、「その範疇(はんちゅう)においてスポーティーなセダンとして正常進化したな」と思います。

永福:元が精緻すぎるので、それを崩す方向でしか変化を与えられていないようにも見えますが。

明照寺:もうちょっと基本的な話からしましょう。アウディの特徴は、ベーシックなシルエットを守りつつ、すごく隙がないところで、BMWやメルセデス・ベンツと比べても、そういう面で差別化ができていると思います。高級セダンの王道はFRプロポーションですけど、アウディは独自のものを構築してる。FFベースの4WDですから、プロポーションとしてはFRよりむしろこっちの方が大衆車的なんですけど、実際にはそうは感じさせないレベルに達していますよね。

永福:達しすぎちゃって、行き場がなくなってませんか?

ほった:……永福さん、アウディになんか恨みでもあるんですか?(笑)

永福:いや、高く評価してるからこそ厳しい目で見ちゃうんだよ。

明照寺:A6に関して言うと、例えば以前取り上げた「A8」に比べると、よりショルダーにブリスターフェンダーが乗っかる構成がはっきりしてるんですよ。こういうところには、よりダイナミックな印象を持ちましたよ。

永福:精緻さにマッチョさを加えた感じでしょうか。

明照寺:フロントフェンダーよりもリアフェンダー上部の造形感が、このクルマの見どころじゃないかと思います。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATIC/GLB200d 4MATIC【海外試乗記】 2019.12.10 試乗記 メルセデス・ベンツの新型SUV「GLB」は、「GLA」と「GLC」の間に位置づけられるモデル。都会派といわれるGLAやGLCに対してこちらはオフロード志向を強めたエクステリアが目を引くが、その出来栄えは? 日本導入が見込まれるガソリン/ディーゼル車に試乗し、実力を確かめた。
  • アウディA6アバント40 TDI Sトロニック(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.11 試乗記 アウディのアッパーミドルセダン/ワゴンである「A6」シリーズ。そのディーゼルモデル「40 TDI」に本国ドイツで試乗。日本にも導入される予定の2リッターディーゼルターボ搭載車は、現行A6の本命と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
ホームへ戻る