第41回:ジャガーIペース(後編)

2019.07.17 カーデザイナー明照寺彰の直言
ジャガーIペース
ジャガーIペース拡大

他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、webCGほったが激論を交わす。

後ろへ向かうほど高くなる、ウエッジシェイプのベルトラインが目を引く「Iペース」。ガラスエリアも薄く、そのサイドビューは非常にスポーティーだ。
後ろへ向かうほど高くなる、ウエッジシェイプのベルトラインが目を引く「Iペース」。ガラスエリアも薄く、そのサイドビューは非常にスポーティーだ。拡大
フロントのタイヤまわりは、切り詰められたオーバーハングとマス感を抑えたフェンダーの造形により、スポーツカーのように“軽い”デザインとなっている。
フロントのタイヤまわりは、切り詰められたオーバーハングとマス感を抑えたフェンダーの造形により、スポーツカーのように“軽い”デザインとなっている。拡大
絞りこまれたキャビンと、それを強調する張り出したショルダーに注目。リアオーバーハングの短さもあって、車幅は1895mmという実寸以上にワイドに感じる。
絞りこまれたキャビンと、それを強調する張り出したショルダーに注目。リアオーバーハングの短さもあって、車幅は1895mmという実寸以上にワイドに感じる。拡大
「Iペース」のランニングシャシー。車両底部にぎっしりとバッテリーが敷き詰められている。
「Iペース」のランニングシャシー。車両底部にぎっしりとバッテリーが敷き詰められている。拡大
明照寺:「床下にバッテリーを積むEVは、どうしても車体に厚みが必要になる。SUVタイプのEVが多いのには、パッケージ的に理にかなっているからという理由もあるんです」
明照寺:「床下にバッテリーを積むEVは、どうしても車体に厚みが必要になる。SUVタイプのEVが多いのには、パッケージ的に理にかなっているからという理由もあるんです」拡大

EVはみんなSUVになる?

永福ランプ(以下、永福):Iペースがスポーティーに見える理由は、どのあたりにあるんでしょう?

明照寺彰(以下、明照寺):さっき言ったように、ただ単純にタイヤの外径がデカイというのがひとつありますけど、ボディーのタイヤ上部のマス感も、タイヤに対して小さいんですね。オーバーハングも切り詰められているので、タイヤまわりが軽く見えるんです。テスラもオーバーハングは切り詰められているので、かなりスポーティーに見えますけど。

永福:ウエストラインはどうでしょう?

明照寺:他のEVに比べると、ウエッジ感が強くてより前傾姿勢だし、キャビンのマス感も小さいですよね。また後ろから見ると、キャビンがかなり絞られていて、フェンダーがドーンと張り出して見えます。

永福:ボディー基部の厚みがマッチョ感につながっているということでしょうか。

明照寺:マッチョに感じますよね。それに、オーバーハングが短いと、その分幅が広く見えるという視覚効果もあります。一部のスーパーカーなんかを除くと、クルマって上から見るとタル形なんですよ。タル形なので、前後に長ければ長いほど両端の幅は狭くなる。でもオーバーハングが短いと、タルの幅が広い部分でズバッとカットするわけだから、その分幅が広く見えるんです。Iペースの場合、ちょっと後ろがヘビーすぎる気もしなくもないですし、腰下が強すぎる感じもしますが、その感覚も新しさにつながっているのかなと思います。

永福:なにか、従来と違うクルマという雰囲気は強いですよね。

明照寺:そもそもエンジン車とはパッケージが違いますからね。

ほった:確かに。

明照寺:パッケージの話で言うと、EVでは普通のクルマに対して、床下に電池が載る分車高が高くなるのが自然じゃないですか。つまりEV化が進むほど、今後さらにSUVが増えていくんじゃないかという気がします。メルセデスもアウディも最初のEVがSUVになるのは、SUVがパッケージ的に理にかなってるからでしょう。今後はデザインの幅が広がるよりも、むしろそこに収束していくかもしれない。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

ジャガー Iペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.3 試乗記 「ボルボXC60」の2リッターガソリンターボ車が、マイルドハイブリッドシステムを搭載した「B5」に進化。電動アシスト機構を得たボルボのアッパーミドルクラスSUVは、プレミアムなのにつつましいという、得難いキャラクターのモデルに仕上がっていた。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【E-PACE×藤島知子】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> 「ジャガーE-PACE」はさまざまな顔を持っている。モータージャーナリストの藤島知子はこう語る。スポーツカーさながらのスタイリングでありながら、そのユーティリティーはさすがSUVという秀逸さ。そしてなにより、走らせればやはりジャガー=スポーツカーなのだ。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
ホームへ戻る