クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「マツダ3」ベースの新型SUV
「マツダCX-30」って一体ナンだ!?

2019.03.22 デイリーコラム

どれの後継でもない

「マツダが2019年の3月に新型『CX-3』を公開するらしい」

「アクセラ」の後継モデルとなる「マツダ3」の話題が落ち着いた年明けくらいから、業界内ではそんな新型車のうわさが飛び交っていた。ところがジュネーブモーターショー開催の1週間ほど前になって、「CX-3の新型ではなく新しいラインナップ」という声も聞こえ始め、妙に情報が錯綜(さくそう)していた。ショーの数日前にマツダの広報にさりげなく尋ねてみても「新型SUVですよ」とはいうものの、「あとは現地でのお楽しみ」としか教えてくれない。

いったい何が公開されるのか? 直前になっても関係者がここまで口を割らないのはなぜ? そんな悶々(もんもん)とした気持ちで向かったスイス・ジュネーブ。そこでマツダが世界初公開したのは、次期CX-3ではなく、「CX-30」というニューモデルだった。もしかしてフルモデルチェンジを機に、車名を「3」から「30」に……!?

ところが現地で話を聞くと、CX-3とは別車種だというから驚いた。「本当ですか?」としつこく尋ねてみても「違います。だからCX-30発売後もCX-3は併売します」というのだ。3のほうも、継続販売ですか。車名も違うし、併売されるなら新ラインナップというマツダの説明にも納得しないわけにはいかない。では、CX-3とどう違うと言うの?

ジュネーブモーターショー2019(会期:2019年3月5~17日)に出展された、マツダの新型SUV「CX-30」。
ジュネーブモーターショー2019(会期:2019年3月5~17日)に出展された、マツダの新型SUV「CX-30」。拡大
「CX-30」開発のベースとなっているのは、新型「マツダ3」。ホイールハウス周辺やドアパネルの下端は、樹脂パネルでドレスアップされている。
「CX-30」開発のベースとなっているのは、新型「マツダ3」。ホイールハウス周辺やドアパネルの下端は、樹脂パネルでドレスアップされている。拡大
インテリアも、新型「マツダ3」に通じるマツダの新世代デザインで仕立てられている。
インテリアも、新型「マツダ3」に通じるマツダの新世代デザインで仕立てられている。拡大
マツダ CX-30 の中古車

「CX-3」以上 「CX-5」未満

最大のポイントはサイズにあった。CX-30のボディーサイズは全長4395mm×全幅1795mmで、これはCX-3(4275mm×1765mm)と「CX-5」(4545mm×1840mm)のちょうど中間。いうなれば「CX-3以上、CX-5未満」だ。なるほど。

開発主査を務めた佐賀尚人氏によれば、「CX-3はデザインの美しさに非常に高い評価をいただいた一方で『後席や荷室が狭い』という声も多くありました。『CX-5では大きすぎる、だけどCX-3では狭すぎる』というお客さまに向けての提案が、このCX-30なのです」とのこと。

確かにCX-30の後席や荷室はCX-3に比べると広く、全長が120mm違うだけでここまで広げられるのかと驚くほどだ。佐賀氏の説明には「子供のいるファミリー」とか「荷室にベビーカーを積む必要がある」という言葉が何度も出てきたから、そのあたりが「CX-3でフォローできなかった部分」であり、「CX-30の狙い」なのだろう。

1540mmという全高(ルーフパネル高)は、言うまでもなく機械式立体駐車場の高さ制限を意識したもの。都会生活に重要なそこをしっかり抑えた一方で、最低地上高がCX-3よりも15mm高い175mmに設定されているのは興味深いところだ(関係ないけれどCX-5は210mmもあって、あらためて驚いた)。メカニズムのベースは新型「マツダ3」だが、ホイールベースをマツダ3の2725mmから2655mmへと縮めてあるのは「全長を4.4mにおさめたかったから」。「駐車場での取り回しを考えると全長は短いほうがいい。特に欧州の縦列駐車は、4.4mを超えると駐車スペースを探すのが難しくなる」とのことだ。車体をできるだけ小さくしつつ、後席や荷室は広げて……というのが開発のポイントなのだろう。

「CX-30」のホイールベースは2655mm。現行型の「CX-3」(同2570mm)と「CX-5」(同2700mm)の中間サイズとなっている。


	「CX-30」のホイールベースは2655mm。現行型の「CX-3」(同2570mm)と「CX-5」(同2700mm)の中間サイズとなっている。
	拡大
リアまわりは、立体的に張り出したリアコンビランプが特徴的。
リアまわりは、立体的に張り出したリアコンビランプが特徴的。拡大
エッジの効いたヘッドランプやグリルなどで構成されるフロントの表情は、ほかのマツダ車によく似ている。
エッジの効いたヘッドランプやグリルなどで構成されるフロントの表情は、ほかのマツダ車によく似ている。拡大

年内にも日本で発売

ところで、どうして2ケタ車名なのか?

CX-3以上CX-5未満なのだから「CX-4」にすればいい、というのは誰もが思うところだろうが、実は中国専用車としてCX-4が存在するのでそれは使えない。

しかし、真の理由はSUVラインナップの再構築にあると筆者はにらんでいる。マツダはSUV各車のポジションを少しずつ変化させようとしているのだ。つまり「3」がひとまわり大きくなって「30」になり、追って「5」が大型化(次期「アテンザ」ベースのFR化?)して「50」に。さらにはコンパクトの穴を埋めるべく「デミオ」をベースにした「20」を登場させ、時間をかけながら全体のサイズを移行し新バリエーション展開にするのでは、と思えるのだ。

モーターショーの現場でCX-3に次期型はあるのか尋ねたところ、返事は「ノーコメント」。単にCX-3の新型とせず、新車名を与え併売としたのは「CX-3が大きくなって高くなった」と言われないための対策ではないかと感じた。

さて、「CX-30」という呼び名は英語では「シーエックス・サーティー」だが、日本ではどう読むべきか? 「さんじゅう」なのか、それとも「さんまる」か? マツダの見解は「日本国内でもサーティーです」。でも「サーティー」ではなんともしっくりこないので、「シーエックス・サンジュウ」と呼んでいたら、それでもマツダ関係者には通じたから、取りあえずそう呼んでも問題なさそうだ。

このCX-30は、2019年の夏から欧州を皮切りに順次発売される予定。日本に入ってくるのは今年の冬くらいになりそう、とのこと。エンジンは2リッターガソリン、1.8リッターディーゼル、そして圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」を搭載する予定。価格は……やはり「CX-3以上、CX-5未満」なのだろう。

(文=工藤貴宏/写真=佐藤靖彦、マツダ、GIMS/編集=関 顕也)

マツダのSUVでは初となる、2ケタ数字の車名。国内では「さんじゅう」? それとも「サーティー」?
マツダのSUVでは初となる、2ケタ数字の車名。国内では「さんじゅう」? それとも「サーティー」?拡大
サイドパネルは、くっきりとしたキャラクターラインではなく、ゆるやかな面で美しさをアピール。新型「マツダ3」にも見られるデザイン処理である。
サイドパネルは、くっきりとしたキャラクターラインではなく、ゆるやかな面で美しさをアピール。新型「マツダ3」にも見られるデザイン処理である。拡大
欧州を皮切りにグローバル展開される「CX-30」。日本では2019年の冬に販売が始まるものと見られる。
欧州を皮切りにグローバル展開される「CX-30」。日本では2019年の冬に販売が始まるものと見られる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ CX-30 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。