「マツダ3」ベースの新型SUV
「マツダCX-30」って一体ナンだ!?

2019.03.22 デイリーコラム

どれの後継でもない

「マツダが2019年の3月に新型『CX-3』を公開するらしい」

「アクセラ」の後継モデルとなる「マツダ3」の話題が落ち着いた年明けくらいから、業界内ではそんな新型車のうわさが飛び交っていた。ところがジュネーブモーターショー開催の1週間ほど前になって、「CX-3の新型ではなく新しいラインナップ」という声も聞こえ始め、妙に情報が錯綜(さくそう)していた。ショーの数日前にマツダの広報にさりげなく尋ねてみても「新型SUVですよ」とはいうものの、「あとは現地でのお楽しみ」としか教えてくれない。

いったい何が公開されるのか? 直前になっても関係者がここまで口を割らないのはなぜ? そんな悶々(もんもん)とした気持ちで向かったスイス・ジュネーブ。そこでマツダが世界初公開したのは、次期CX-3ではなく、「CX-30」というニューモデルだった。もしかしてフルモデルチェンジを機に、車名を「3」から「30」に……!?

ところが現地で話を聞くと、CX-3とは別車種だというから驚いた。「本当ですか?」としつこく尋ねてみても「違います。だからCX-30発売後もCX-3は併売します」というのだ。3のほうも、継続販売ですか。車名も違うし、併売されるなら新ラインナップというマツダの説明にも納得しないわけにはいかない。では、CX-3とどう違うと言うの?

ジュネーブモーターショー2019(会期:2019年3月5~17日)に出展された、マツダの新型SUV「CX-30」。
ジュネーブモーターショー2019(会期:2019年3月5~17日)に出展された、マツダの新型SUV「CX-30」。拡大
「CX-30」開発のベースとなっているのは、新型「マツダ3」。ホイールハウス周辺やドアパネルの下端は、樹脂パネルでドレスアップされている。
「CX-30」開発のベースとなっているのは、新型「マツダ3」。ホイールハウス周辺やドアパネルの下端は、樹脂パネルでドレスアップされている。拡大
インテリアも、新型「マツダ3」に通じるマツダの新世代デザインで仕立てられている。
インテリアも、新型「マツダ3」に通じるマツダの新世代デザインで仕立てられている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • マツダCX-30 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.23 試乗記 マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-30」に試乗。映り込みを意識したという大胆なボディーパネルにまずは目を引かれるが、このクルマの魅力の源泉はそれだけではない。内外装の随所に施された丁寧な“仕事”によって、美しい世界観をつくり上げているのだ。
ホームへ戻る