「マツダ3」ベースの新型SUV
「マツダCX-30」って一体ナンだ!?

2019.03.22 デイリーコラム

どれの後継でもない

「マツダが2019年の3月に新型『CX-3』を公開するらしい」

「アクセラ」の後継モデルとなる「マツダ3」の話題が落ち着いた年明けくらいから、業界内ではそんな新型車のうわさが飛び交っていた。ところがジュネーブモーターショー開催の1週間ほど前になって、「CX-3の新型ではなく新しいラインナップ」という声も聞こえ始め、妙に情報が錯綜(さくそう)していた。ショーの数日前にマツダの広報にさりげなく尋ねてみても「新型SUVですよ」とはいうものの、「あとは現地でのお楽しみ」としか教えてくれない。

いったい何が公開されるのか? 直前になっても関係者がここまで口を割らないのはなぜ? そんな悶々(もんもん)とした気持ちで向かったスイス・ジュネーブ。そこでマツダが世界初公開したのは、次期CX-3ではなく、「CX-30」というニューモデルだった。もしかしてフルモデルチェンジを機に、車名を「3」から「30」に……!?

ところが現地で話を聞くと、CX-3とは別車種だというから驚いた。「本当ですか?」としつこく尋ねてみても「違います。だからCX-30発売後もCX-3は併売します」というのだ。3のほうも、継続販売ですか。車名も違うし、併売されるなら新ラインナップというマツダの説明にも納得しないわけにはいかない。では、CX-3とどう違うと言うの?

ジュネーブモーターショー2019(会期:2019年3月5~17日)に出展された、マツダの新型SUV「CX-30」。
ジュネーブモーターショー2019(会期:2019年3月5~17日)に出展された、マツダの新型SUV「CX-30」。拡大
「CX-30」開発のベースとなっているのは、新型「マツダ3」。ホイールハウス周辺やドアパネルの下端は、樹脂パネルでドレスアップされている。
「CX-30」開発のベースとなっているのは、新型「マツダ3」。ホイールハウス周辺やドアパネルの下端は、樹脂パネルでドレスアップされている。拡大
インテリアも、新型「マツダ3」に通じるマツダの新世代デザインで仕立てられている。
インテリアも、新型「マツダ3」に通じるマツダの新世代デザインで仕立てられている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • マツダ(その2) 2019.10.25 画像・写真 2019年9月20日に発売されたクロスオーバーモデル「CX-30」や、マツダの名を冠した車名で話題の「マツダ3」、そして一部改良で2列目/3列目シートの機能性を向上させた「CX-8」など、最新ラインナップが並んだマツダブースの展示車両とブースの様子を写真でリポート。
  • トヨタが「RAV4」のプラグインハイブリッド車「RAV4プライム」を世界初披露【LAショー2019】 2019.11.20 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年11月20日、アメリカで同年11月22日に開幕するロサンゼルスオートショー(会期:12月1日まで)において、SUV「RAV4」のプラグインハイブリッド車「RAV4 Prime(プライム)」を世界初披露すると発表した。
  • マツダが「ロードスター」を一部改良 シルバーのソフトトップが目を引く特別仕様車も 2019.11.14 自動車ニュース マツダが「ロードスター」を一部改良。外装色に「ポリメタルグレーメタリック」を追加したほか、内装の仕様も変更した。またソフトトップ車にはRAYSの鍛造ホイールやブレンボ製ブレーキをオプション設定。シルバーのソフトトップが特徴の特別仕様車も設定した。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
ホームへ戻る