ブガッティの14億円ワンオフモデル
“黒いクルマ”に秘められたエピソードとは

2019.03.26 デイリーコラム

自動車界最高のブランド

2019年のジュネーブモーターショーは、スーパーカーとハイパーカーが百花繚乱(りょうらん)のごとく大量出展されたが、なかでもセンセーショナルだったのが、自動車界屈指の名門ブガッティがブランド誕生110周年を記念して製作したワンオフモデル、「La Voiture Noire(ラ ヴォワチュール ノワール)」だろう。

ブガッティの現行モデル「シロン」のメカニズムを流用するこの一品製作車について、国内外のメディアでは1100万ユーロ(約14億円)、あるいは税込みで1670万ユーロ(約20億円)ともいわれる驚異的プライスが、ことさらに言い立てられているようだ。

しかし、私事ながらかつて「EB110」を生産・販売していた時代のブガッティ・グループ日本支社である旧ブガッティ・ジャパンのいち社員として奉職、今なおブガッティというブランドに特別な敬愛の念を持つ筆者は、まったく異なる感慨をラ ヴォワチュール ノワールに抱いている。それゆえ今回のコラムでは、ブガッティのいち崇拝者の立場からラ ヴォワチュール ノワールについて解説させていただくことにしよう。

まずはブガッティというブランドについて、いま一度おさらいしたい。ブガッティは、1881年にイタリア・ミラノの芸術家一族に生まれ、自身も芸術の英才教育を受けつつ機械工学の世界にのめり込んでいった天才、エットーレ・ブガッティが1909年に興したスポーツカー/高級車専業メーカー。小排気量スポーツカーという概念を世界で初めて確立した「タイプ13ブレシア」や、GPレースとスポーツカーレースの双方で大活躍した一方、自動車に機能美という評価軸をもたらした「タイプ35」とその係累たち。あるいは伝説の「タイプ41ロワイヤル」のごとき超高級車など、高性能と芸術性を追求した名作を続々と生み出した。

価格は邦貨換算で約14億円と発表されているブガッティのワンオフモデル「ラ ヴォワチュール ノワール」。
価格は邦貨換算で約14億円と発表されているブガッティのワンオフモデル「ラ ヴォワチュール ノワール」。拡大
「ラ ヴォワチュール ノワール」(写真)のベースとなったのは、W16エンジンを搭載した「シロン」。
「ラ ヴォワチュール ノワール」(写真)のベースとなったのは、W16エンジンを搭載した「シロン」。拡大
2019年のジュネーブモーターショーにおいて、アンベールされる瞬間の「ラ ヴォワチュール ノワール」。
2019年のジュネーブモーターショーにおいて、アンベールされる瞬間の「ラ ヴォワチュール ノワール」。拡大
パーク・ウォード製のボディーを架装した1933年の「ブガッティ・タイプ41ロワイヤル」。フロントに搭載されるストレート8エンジンは、気筒当たり3バルブとされ、排気量は実に1万2763ccだった。王侯貴族といえども簡単に購入できないといわれたほどの、世界最高額車両(当時)だったという。
パーク・ウォード製のボディーを架装した1933年の「ブガッティ・タイプ41ロワイヤル」。フロントに搭載されるストレート8エンジンは、気筒当たり3バルブとされ、排気量は実に1万2763ccだった。王侯貴族といえども簡単に購入できないといわれたほどの、世界最高額車両(当時)だったという。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事