【オートモビル カウンシル2019】ホンダは「M・M思想」をアピール

2019.03.28 自動車ニュース
ホンダ・シティ
ホンダ・シティ拡大

本田技研工業は2019年3月28日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)への出展概要を発表した。

N-VAN
N-VAN拡大
モトコンポ
モトコンポ拡大
デンタEM400
デンタEM400拡大
「シティ」「モトコンポ」「デンタEM400」のモックアップ。
「シティ」「モトコンポ」「デンタEM400」のモックアップ。拡大
LiV-AID E500
LiV-AID E500拡大

ホンダブースの出展テーマは「Honda ものづくりー継承されるM・M思想~生活を豊かにする“人中心”のコンセプト~」。1981年にデビューした「シティ」と2018年に発売された「N-VAN」の展示を通じ、過去から脈々と受け継がれる「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」というホンダのクルマづくりの基本思想である「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を伝える。

また、シティと同時に発売されたシティ搭載用トランクバイク「MOTOCOMPO(モトコンポ)」と、同時期に販売された携帯発電機「デンタ」も展示。さらに、ホンダのデザインスタジオが製作した、出展モデルと同色のシティとモトコンポ、デンタの4分の1スケールのモックアップモデルもディスプレイ。二輪・四輪・パワープロダクツと、広がりのある事業を展開するホンダのユニークさをアピールする。

ホンダブースの展示製品は以下の通り。

  • 1982年式シティ※
  • 1982年式モトコンポ※
  • 1979年式デンタEM400(携帯発電機)※
  • 2018年式N-VAN
  • 2018年式クロスカブ50
  • 2017年式LiB-AID E500(ハンディータイプ蓄電器)

※は4分の1のモックアップモデルも展示

このほかホンダは、日本の自動車メーカー4社/5ブランドが「百花繚乱 80’s」というテーマで共同出展するブースに1984年式の「シティ カブリオレ」を出展する。

(webCG)

関連キーワード:
N-VAN, ホンダ, オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 自動車ニュース

ホンダ N-VAN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • 「三菱eKスペース」がフルモデルチェンジ クロスオーバーモデル「eKクロス スペース」も登場 2020.2.6 自動車ニュース 三菱自動車は2020年2月6日、軽スーパーハイトワゴン「eKスペース/eKクロス スペース」の新型を発表した。2019年3月発売の「eKワゴン/eKクロス」に続く、三菱と日産自動車との合弁会社であるNMKVが企画・開発をマネジメントした新世代軽乗用車の第2弾である。
ホームへ戻る