【オートモビル カウンシル2019】ホンダは「M・M思想」をアピール

2019.03.28 自動車ニュース
ホンダ・シティ
ホンダ・シティ拡大

本田技研工業は2019年3月28日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)への出展概要を発表した。

N-VAN
N-VAN拡大
モトコンポ
モトコンポ拡大
デンタEM400
デンタEM400拡大
「シティ」「モトコンポ」「デンタEM400」のモックアップ。
「シティ」「モトコンポ」「デンタEM400」のモックアップ。拡大
LiV-AID E500
LiV-AID E500拡大

ホンダブースの出展テーマは「Honda ものづくりー継承されるM・M思想~生活を豊かにする“人中心”のコンセプト~」。1981年にデビューした「シティ」と2018年に発売された「N-VAN」の展示を通じ、過去から脈々と受け継がれる「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」というホンダのクルマづくりの基本思想である「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を伝える。

また、シティと同時に発売されたシティ搭載用トランクバイク「MOTOCOMPO(モトコンポ)」と、同時期に販売された携帯発電機「デンタ」も展示。さらに、ホンダのデザインスタジオが製作した、出展モデルと同色のシティとモトコンポ、デンタの4分の1スケールのモックアップモデルもディスプレイ。二輪・四輪・パワープロダクツと、広がりのある事業を展開するホンダのユニークさをアピールする。

ホンダブースの展示製品は以下の通り。

  • 1982年式シティ※
  • 1982年式モトコンポ※
  • 1979年式デンタEM400(携帯発電機)※
  • 2018年式N-VAN
  • 2018年式クロスカブ50
  • 2017年式LiB-AID E500(ハンディータイプ蓄電器)

※は4分の1のモックアップモデルも展示

このほかホンダは、日本の自動車メーカー4社/5ブランドが「百花繚乱 80’s」というテーマで共同出展するブースに1984年式の「シティ カブリオレ」を出展する。

(webCG)

関連キーワード:
N-VAN, ホンダ, オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 自動車ニュース

ホンダ N-VAN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る