フェラーリがワンオフモデル「P80/C」を公開

2019.04.01 自動車ニュース
フェラーリP80/C
フェラーリP80/C拡大

伊フェラーリは2019年3月25日(現地時間)、レーシングモデル「488GT3」をベースとしたワンオフモデル「P80/C」を公開した。このモデルは「フェラーリ・ワンオフ・プログラム」の最新作。2015年に開発がスタートした、同プログラムで最も長い開発期間をかけたモデルとなった。

「488GT3」からホイールベースを50mm延長。コックピットを車体中央寄りに配置した「フェラーリP80/C」のエクステリアデザインは、往年の「330 P3/P4」や「ディーノ206S」「250LMベルリネッタ」をモチーフに構築しているという。
「488GT3」からホイールベースを50mm延長。コックピットを車体中央寄りに配置した「フェラーリP80/C」のエクステリアデザインは、往年の「330 P3/P4」や「ディーノ206S」「250LMベルリネッタ」をモチーフに構築しているという。拡大
「フェラーリ488GT3」がベースとなるパワーユニット。詳細なスペックは未公表。
「フェラーリ488GT3」がベースとなるパワーユニット。詳細なスペックは未公表。拡大
インテリアはベースとなったレーシングマシン「フェラーリ488GT3」に準ずるが、シートや細部が専用仕様になっている。
インテリアはベースとなったレーシングマシン「フェラーリ488GT3」に準ずるが、シートや細部が専用仕様になっている。拡大
ボディーはカーボンファイバー製。サーキット走行用となるセンターロック式18インチと、「エキシビションパッケージ」と呼ばれる21インチとなる2種類のホイールが用意されている。
ボディーはカーボンファイバー製。サーキット走行用となるセンターロック式18インチと、「エキシビションパッケージ」と呼ばれる21インチとなる2種類のホイールが用意されている。拡大

フェラーリ・ワンオフ・プログラムとは、2008年にスタートした「ポートフォリオ・コーチビルディング・プログラム」がルーツになる。フェラーリのラインナップをベースに、顧客の希望に沿ったデザインやパフォーマンスを持った車両をフェラーリ社外のスペシャリストたちと協力・開発し、世界唯一のモデルとして製作するというものだった。

しかし、2010年にフェラーリが自社デザインセンターを開設したことから、以降は社内でフラヴィオ・マンゾーニ氏が率いるチームが、すべてのリクエストに対応することとなり、プロジェクト名もフェラーリ・ワンオフ・プログラムに改められている。

このプログラムを事業化するに至ったきっかけを作ったのは、フェラーリのコレクターとして著名なアメリカ人映画監督が「エンツォ・フェラーリ」をベースにワンオフ製作を依頼、2006年に誕生した「P4/5ピニンファリーナ」だった。フェラーリ・ワンオフ・プログラムとしての記念すべき第1号は、世界屈指の日本人フェラーリコレクターがオーダーした、2008年の「SP1」。これを皮切りに、以降十数台のワンオフモデルがマラネロからオーダーした顧客のもとへとデリバリーされている。

今回公開されたP80/Cは、前述の通り488GT3をベースとしたサーキット専用マシン。オーダーしたのはフェラーリエンスージアスト一家の出身で、自身も知識と見識を持つフェラーリコレクターであるという。

ホイールベースを50mm延長し、コックピットをセンター寄りに配置し直したレーシーなフォルムが特徴だ。エクステリアデザインは往年の「330 P3/P4」や「ディーノ206S」「250LMベルリネッタ」へのオマージュとされているが、一見しただけではベースモデルが何か分からないほど、大胆なリデザインが行われている。

カーボンファイバー製となるボディーは、モータースポーツのレギュレーションによる規制がないため、自由な発想で構築されている。例えばサーキット専用マシンらしくヘッドライトなどは装備されず、アルミ製ルーバーを持つエンジンカバーやトンネルバックスタイルに沿ってカーブしたリアウィンドウなどは330 P3/P4がモチーフ。キャビン後方に備わる小さなウイングは、2017年のF1マシンで導入された「Tウイング」からインスパイアされた空力デバイスになる。

488GT3ベースであることを最も色濃く伝えているのは、コックピットである。インパネデザインは基本的にベースモデルを踏襲し、各種スイッチが並ぶステアリングホイールも同様だ。2座分が用意されたブルーのバケットシートには、それぞれ6点式シートベルトが備わっている。

ホイールはサーキット走行用のセンターロック式18インチと、「エキシビションパッケージ」と呼ばれる21インチの2種類が用意されている。後者を選択した場合は、純粋なフォルムを強調するため、エアロデバイスが一切装備されない仕様となる。

(webCG)

関連キーワード:
488GTB, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 488GTB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • 第169回:「僕のはまっすぐ走りました」 2020.3.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第169回は「僕のはまっすぐ走りました」。「フェラーリ348」はまっすぐ走らないという筆者の持論に、異議を唱える若者が現れた。果たして、重大な欠陥は過去のものなのか? 新旧オーナーが激論する!
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
ホームへ戻る