第203回:大勝利依存症

2021.03.29 カーマニア人間国宝への道

病気なのかもしれない

先日、『ギャンブル依存症』(田辺等著/生活人新書刊)なる本を読んだ。

冒頭、「この本を手にとったあなたは、いったいどのような人でしょうか」とあった。単なる知的好奇心なのか、あるいは悩みに悩み抜いているギャンブル依存症者の家族かと問いかけていた。

そして、「できればやはり“あなた”に読んでもらいたい」と書かれていた。つまり、ギャンブル依存症の本人に読んでほしいと。

私はギャンブル依存症ではない。というかギャンブルにはコレッポッチもまったく興味がない。自分とはまったく縁のない世界ゆえに、読んでみたくなったのである。

しかし、読み始めてすぐに「うげぇ!」となった。

「A君のケースでは、ギャンブルのほかに何も面白いものを見つけられない退屈な青年の心を活気づけてくれました。Bさんは、ギャンブルに勝つことによって、職場で体験できない達成感のようなものを味わうことができました。ギャンブル依存症の人は、ギャンブルに出会って、『ギャンブルは自分の最上の楽しみ』『憂うつを吹き飛ばす良薬』といった経験をしたのです」(本書より要点を抜粋)

この“ギャンブル”のところに“フェラーリ”を入れれば、それはズバリ、私のことだ。あるいは“クルマを買うこと”でもいい。なにしろ私はこれまでにフェラーリを13台買っている。クルマは合計51台買っている。読めば読むほど、自分との共通点が浮かび上がってきた。

本書は、ギャンブル依存症を「病気」と言っている。病気は本人の意思だけでは治らない。治療が必要なのだと書かれている。私も病気なのかもしれない。

これまでにフェラーリ13台を含む合計51台のクルマを買っている私は、ギャンブル依存症ならぬフェラーリ依存症、あるいはクルマを買うこと依存症といえる。現在は「フェラーリ328GTS」(右)と「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」(左)が、わが愛車リストに加わっている。
これまでにフェラーリ13台を含む合計51台のクルマを買っている私は、ギャンブル依存症ならぬフェラーリ依存症、あるいはクルマを買うこと依存症といえる。現在は「フェラーリ328GTS」(右)と「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」(左)が、わが愛車リストに加わっている。拡大
“黒まむしスッポン丸”こと1989年モデルの「フェラーリ328GTS」は、2019年の11月に購入。ヨーロッパ仕様の後期型で、購入時点での走行距離はわずか2万3000kmだった。現在半分だけ愛車の「カウンタック」と一緒に、自宅ガレージに収まっている。
“黒まむしスッポン丸”こと1989年モデルの「フェラーリ328GTS」は、2019年の11月に購入。ヨーロッパ仕様の後期型で、購入時点での走行距離はわずか2万3000kmだった。現在半分だけ愛車の「カウンタック」と一緒に、自宅ガレージに収まっている。拡大
ギャンブルにはまったく興味がないものの、自分とはほとんど縁のない世界ゆえに読んでみたくなった『ギャンブル依存症』(田辺等著/生活人新書刊)。
ギャンブルにはまったく興味がないものの、自分とはほとんど縁のない世界ゆえに読んでみたくなった『ギャンブル依存症』(田辺等著/生活人新書刊)。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ 488GTB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(後編) 2020.12.31 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? 後編では、走行モードによる挙動の変化やV8ターボエンジンの特性などについてもリポートする。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る