間もなく到来する“前代未聞”の10連休
渋滞予測はどうしてできるのか?

2019.04.03 デイリーコラム

渋滞にはまったらガマンが一番

今年のゴールデンウイーク(GW)は史上初の10連休! いったいぜんたい渋滞はどうなるんだろう? と、今から恐怖におののいている方も少なくないだろう。

GWに限らず、高速道路の渋滞を避ける唯一の方法は、NEXCOや日本道路交通情報センターが発表している『渋滞予報カレンダー』を見て、渋滞する時間帯を避けて走ること。予報の的中率は約8割とかなり高い。渋滞の専門家である私も常に推奨している。これ以外に方法はない。裏技はないのだ。

よく「大渋滞の時は下道に降りたほうがいいのか」とか「どの車線が速いのか」とか聞かれるが、下道に降りて高速に勝てる確率は1割程度。車線に関しては、左車線(走行車線)のほうが速いことが多いが(7割程度)、特殊な要因がない限り、その差は渋滞20kmあたりでせいぜい1分程度だ。

1分の差というのは、台数だと30台分ほど。30台に先に行かれると、「ものすごく遅れた~」という気分になるが、それは気分だけの話で、実は時間にすると1分程度でしかない。SAPAでトイレ休憩すれば、それだけで最低15分くらいはかかるのだから、1分なんてまったく気にする必要なし。「どの車線が速いか」については、考えないのが一番だ。

渋滞のときにあちらの方が速そうだと車線を移動しても、渋滞20kmあたりで1分ほど速く走れる程度。トイレ休憩などに要する時間を考えれば、車線ごとの速さの違いは考えないのが一番だ。
渋滞のときにあちらの方が速そうだと車線を移動しても、渋滞20kmあたりで1分ほど速く走れる程度。トイレ休憩などに要する時間を考えれば、車線ごとの速さの違いは考えないのが一番だ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事