どうしてこんなにそっくりなのか?
「クルマの顔」が似ているワケをデザイナーが語る

2019.04.05 デイリーコラム

ブランド認知の手法として

「このブランドのクルマ、コンパクトカーもハッチバックも大きなワゴンもみんな顔がそっくり。まるで見分けがつかないな……」

いまどきのクルマを見ていてそう思われた方、いらっしゃるのではないでしょうか? なぜそこまで似せる必要があるのか? ブランドのエンブレムは共通なのだから、違う顔でもよさそうなものですが。一体どんな根拠・理由があるのか、カーデザイナーの視点で考えてみましょう。

自動車に限ったことではありませんが、消費者に“ブランド”を認知させることはメーカーにとって極めて重要です。そのためには、他のブランドとの差別化が必要になり、そこで違いを見せるのに最も分かりやすい手段として、顔まわりを活用しているのです。

目的はブランド認知ですので、ブランド内の車種は基本的に顔の形を統一させた方が消費者に分かりやすいというロジックです。いまは特に、高価格帯のメーカーや、組織的に中小規模のメーカーがこれを活用したブランド訴求に躍起ですね。

「顔の共通化」は今日に始まったわけではなく、皆さんもご存じの通り、歴史のある欧州メーカーは昔からやってきたことです。そのような伝統的なメーカーのやり方をひな型に、各国のメーカーが追従しているという側面もあると思います。テスラ等の新興メーカーですら、同じ手法をとっています。その点、自動車業界内には、伝統的なメーカーに対する「憧れ」が残っているように思います。

ずらりと並んだ最新世代のボルボ。そのフロントデザインは、細かな差異はあるものの、互いによく似た意匠で形づくられている。写真は右手前から順に、セダン「S90」、ワゴン「V90」、SUVの「XC40」「XC60」「XC90」。
ずらりと並んだ最新世代のボルボ。そのフロントデザインは、細かな差異はあるものの、互いによく似た意匠で形づくられている。写真は右手前から順に、セダン「S90」、ワゴン「V90」、SUVの「XC40」「XC60」「XC90」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事