【オートモビル カウンシル2019】マツダが「ロードスター」の30周年記念車を日本初公開

2019.04.05 自動車ニュース
「マツダ・ロードスター30周年記念車」と、マツダの前田育夫常務執行役員(左)と中山 雅氏(右)。
「マツダ・ロードスター30周年記念車」と、マツダの前田育夫常務執行役員(左)と中山 雅氏(右)。拡大

マツダは2019年4月5日、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月7日まで)において、限定車「マツダ・ロードスター30周年記念車」を日本初公開した。

手前から、初代「ロードスター」と、2代目に設定された「10周年記念車」、3代目に設定された「20周年記念車」。
手前から、初代「ロードスター」と、2代目に設定された「10周年記念車」、3代目に設定された「20周年記念車」。拡大
アンベールされる「ロードスター30周年記念車」。
アンベールされる「ロードスター30周年記念車」。拡大
「ロードスター30周年記念車」のシート。右ハンドル仕様の公開は、これが世界初となる。
「ロードスター30周年記念車」のシート。右ハンドル仕様の公開は、これが世界初となる。拡大
初代「ロードスター」のプロトタイプ。
初代「ロードスター」のプロトタイプ。拡大
1989年のシカゴモーターショーに出展されたコンセプトカー「クラブレーサー」。
1989年のシカゴモーターショーに出展されたコンセプトカー「クラブレーサー」。拡大

マツダブースは「ロードスター」一色

今回、マツダは「ロードスター ~30年の物語、そして今~」というテーマのもとにブースを出展。今年、誕生30周年を迎えた「ロードスター」にフォーカスした展示を行っている。

プレスカンファレンスで登壇した前田育夫常務執行役員は、ロードスターについて「マツダの物づくりの根底にあり続ける、人馬一体という思想を最も分かりやすく体現し、シンプルながら愛着の湧くデザインを持ち、多くの人に走る喜びと所有する喜びを感じてもらえたクルマ。われわれの宝であり、ブランドの象徴である」と紹介。その歴史が多くのファンに支えられたものであることを振り返り、ファンに感謝した。

また、このプレスカンファレンスでアンベールされたロードスターの30周年記念車は、2019年2月にシカゴモーターショーで世界初公開された「MX-5ミアータ」(左ハンドル仕様)ではなく、今回が世界初公開となる右ハンドル仕様。限定車にはリトラクタブルハードトップの「RF」ベースのものも存在するが、そちらも大阪にあるマツダブランドスペース大阪において、幕張メッセと同じタイミングでお披露目するというユニークな試みがなされた。

この30周年記念限定車の意味について、現行型ロードスターの開発主査兼チーフエンジニアである中山 雅氏は、「新色の『レーシングオレンジ』には、これからもずっと走る喜びを提供していきたいという決意を込めた」と解説。これからもロードスターの提供価値は不変であるという意気込みを語った。

オートモビル カウンシルのマツダブースでは、歴代ロードスターをはじめ、その歴史の始まりとなったプロトタイプモデルや、30年前のシカゴショーに出展されたコンセプトカー「クラブレーサー」(初代ベース)など、数々の貴重な車両を展示。ちなみにクラブレーサーの公開は、日本では今回が初となるという。

(文と写真=大音安弘)
 

関連キーワード:
ロードスターRF, ロードスター, ロードスタークーペ, マツダ, モーターショー, オートモビル カウンシル2019, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【レビュー】 2019.6.13 試乗記 デビューから5年目が過ぎ、ついにマイナーチェンジを受けたアウディのコンパクトスポーツ「TT」シリーズ。高性能モデル「TTS」に試乗し、手ごろなボディーサイズにパワフルなエンジン、フルタイム4WD「クワトロ」の組み合わせがかなえる走りを味わった。
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.6.12 試乗記 スタイリッシュなワゴンボディーに、頼もしい悪路走破性能をプラスした「ボルボV60クロスカントリー」。スポーティーでクール、かつオーセンティックなワゴンとしての資質も備えた万能車を、リポーターがすんなりと受け入れられなかった理由とは?
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る