【オートモビル カウンシル2019】マツダが「ロードスター」の30周年記念車を日本初公開

2019.04.05 自動車ニュース
「マツダ・ロードスター30周年記念車」と、マツダの前田育夫常務執行役員(左)と中山 雅氏(右)。
「マツダ・ロードスター30周年記念車」と、マツダの前田育夫常務執行役員(左)と中山 雅氏(右)。拡大

マツダは2019年4月5日、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月7日まで)において、限定車「マツダ・ロードスター30周年記念車」を日本初公開した。

手前から、初代「ロードスター」と、2代目に設定された「10周年記念車」、3代目に設定された「20周年記念車」。
手前から、初代「ロードスター」と、2代目に設定された「10周年記念車」、3代目に設定された「20周年記念車」。拡大
アンベールされる「ロードスター30周年記念車」。
アンベールされる「ロードスター30周年記念車」。拡大
「ロードスター30周年記念車」のシート。右ハンドル仕様の公開は、これが世界初となる。
「ロードスター30周年記念車」のシート。右ハンドル仕様の公開は、これが世界初となる。拡大
初代「ロードスター」のプロトタイプ。
初代「ロードスター」のプロトタイプ。拡大
1989年のシカゴモーターショーに出展されたコンセプトカー「クラブレーサー」。
1989年のシカゴモーターショーに出展されたコンセプトカー「クラブレーサー」。拡大

マツダブースは「ロードスター」一色

今回、マツダは「ロードスター ~30年の物語、そして今~」というテーマのもとにブースを出展。今年、誕生30周年を迎えた「ロードスター」にフォーカスした展示を行っている。

プレスカンファレンスで登壇した前田育夫常務執行役員は、ロードスターについて「マツダの物づくりの根底にあり続ける、人馬一体という思想を最も分かりやすく体現し、シンプルながら愛着の湧くデザインを持ち、多くの人に走る喜びと所有する喜びを感じてもらえたクルマ。われわれの宝であり、ブランドの象徴である」と紹介。その歴史が多くのファンに支えられたものであることを振り返り、ファンに感謝した。

また、このプレスカンファレンスでアンベールされたロードスターの30周年記念車は、2019年2月にシカゴモーターショーで世界初公開された「MX-5ミアータ」(左ハンドル仕様)ではなく、今回が世界初公開となる右ハンドル仕様。限定車にはリトラクタブルハードトップの「RF」ベースのものも存在するが、そちらも大阪にあるマツダブランドスペース大阪において、幕張メッセと同じタイミングでお披露目するというユニークな試みがなされた。

この30周年記念限定車の意味について、現行型ロードスターの開発主査兼チーフエンジニアである中山 雅氏は、「新色の『レーシングオレンジ』には、これからもずっと走る喜びを提供していきたいという決意を込めた」と解説。これからもロードスターの提供価値は不変であるという意気込みを語った。

オートモビル カウンシルのマツダブースでは、歴代ロードスターをはじめ、その歴史の始まりとなったプロトタイプモデルや、30年前のシカゴショーに出展されたコンセプトカー「クラブレーサー」(初代ベース)など、数々の貴重な車両を展示。ちなみにクラブレーサーの公開は、日本では今回が初となるという。

(文と写真=大音安弘)
 

関連キーワード:
ロードスターRF, ロードスター, ロードスタークーペ, マツダ, モーターショー, オートモビル カウンシル2019, 自動車ニュース

マツダ ロードスターRF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • マツダの各車に創立100周年記念モデルが登場 白と赤のカラーリングが特徴 2020.4.3 自動車ニュース マツダが、「マツダ2」「マツダ3」「マツダ6」「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」「ロードスター」に「100周年特別記念車」を設定し、予約受注を開始した。マツダ初の乗用モデル「R360クーペ」をモチーフにしたカラーリングが特徴となっている。
  • 2000台以上の「マツダ・ロードスター」が集結 「ロードスター30周年ミーティング」の会場から 2019.11.6 画像・写真 初代にあたる「ユーノス・ロードスター」の誕生から30年を迎えた今年(2019年)、広島県三次市にあるマツダの三次自動車試験場で、「ロードスター30周年ミーティング」が開催された。イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • 新型コンパクトSUV「日産マグナイト」がデビュー 2020.10.21 自動車ニュース マグナイトは日産がインドで初めて扱う全長4m以下のSUVで、その名は「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」に由来。2021年初頭に同国で発売された後は、その他の地域でも展開される。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
ホームへ戻る