【オートモビル カウンシル2019】トヨタが新旧「スープラ」を展示

2019.04.05 自動車ニュース
トヨタ・スープラRZ(A90型)
トヨタ・スープラRZ(A90型)拡大

トヨタ自動車は2019年4月5日、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)において、「Neo Classic 80's」をテーマとするトヨタ博物館のブースを出展した。

プレスカンファレンスは、新旧2台の「スープラ」の前で行われた。
プレスカンファレンスは、新旧2台の「スープラ」の前で行われた。拡大
プレスカンファレンスでスピーチを行うトヨタ博物館の布垣直昭館長。
プレスカンファレンスでスピーチを行うトヨタ博物館の布垣直昭館長。拡大
「Neo Classic 80's」をテーマとするトヨタ博物館のブース。左は「スープラ3.0GT」(MA70型/1988年)、右が最新の「スープラRZ」(A90型)
「Neo Classic 80's」をテーマとするトヨタ博物館のブース。左は「スープラ3.0GT」(MA70型/1988年)、右が最新の「スープラRZ」(A90型)拡大
トヨタ・マークII ハードトップグランデ ツインカム24(GX71型/1986年)
トヨタ・マークII ハードトップグランデ ツインカム24(GX71型/1986年)拡大
トヨタ・ソアラ3.0GTエアロキャビン(MZ20型/1989年)
トヨタ・ソアラ3.0GTエアロキャビン(MZ20型/1989年)拡大

同ブースには、2019年のデトロイトモーターショーでデビューした新型と、同社の1980年代を彩ったスポーツカーの象徴ともいえる初代MA70型(1988年)の新旧「スープラ」、2代目であるMZ20型「ソアラ」(1989年)で電動格納式メタルトップを採用した500台の限定モデル「3.0GTエアロキャビン」、当時のハイソカーブームをけん引したGX71型「マークII」(1986年)の計4台が並んだ。

さらに、トヨタ博物館所蔵となる当時の自動車カタログやミニカーのほか、1980年代に登場し人気や注目を集めた日本電信電話(NTTの前身)の「ショルダーホン202型」、ソニーの「ウォークマン2」、飲料・フードなども展示され、世相をしのばせた。

プレスカンファレンスで登壇したトヨタ博物館の布垣直昭館長は、「オートモビル カウンシルが掲げている“クラシック・ミーツ・モダン”のテーマの象徴として、昭和から平成に移った時代のスープラ(初代)、そして平成から令和に移ろうとする時代のスープラ(新型)をご用意しました」と出展車両を紹介。

「スープラが初代モデルから培ってきた、直列6気筒のエンジンにFRレイアウトという基本コンセプトが30年後の今にどのように引き継がれ、どう進化してきたのかを比べていただくのも楽しみであり、これから令和の道を走るスープラを皆さんに見ていただきたい」と語った。

(webCG)

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る