「ジープ・レネゲード」に2つの新グレード登場

2019.04.08 自動車ニュース

FCAジャパンは2019年4月4日、マイナーチェンジ版「ジープ・レネゲード」のモデルラインナップに「トレイルホーク」および「ロンジチュード」を追加設定し、同年5月18日に発売すると発表した。

ジープ・レネゲードのマイナーチェンジモデル導入が発表されたのは2019年2月のこと。「リミテッド」が先行して発売されるとともに、今回の2グレードの導入についてもアナウンスされていた。

新たなベースグレードとなるロンジチュードは、リミテッドと同じ最高出力151ps、最大トルク270Nmの1.3リッター直4マルチエアターボエンジンを搭載。6段のデュアルクラッチ式トランスミッションを組み合わせ、駆動方式はFFとなる。

マイナーチェンジによって先進安全装備の強化が図られており、自動でステアリング補正まで行う車線逸脱警報システムや衝突被害軽減ブレーキを備えた前面衝突警報などを標準装備とした。

このほか、合成皮革製のステアリングホイールや新デザインの16インチアルミホイールも装備する。

一方のトレイルホークは、オフロード性能の高さがうたわれる高性能バージョンであり、1.3リッター直4マルチエアターボエンジンは最高出力179psのハイチューン仕様に(トルクはロンジチュード、リミテッドと同じ)。組み合わされるトランスミッションはトルコン式の9段AT、駆動方式はオンデマンドタイプの4WDとなる。

また、ヘッドライトおよびフォグランプ、デイタイムランニングライトをLEDとしたほか、17インチのアルミホイールにも新デザインを採用。インフォテインメントシステム「Uconnect」には地上デジタルテレビチューナーを追加している。

価格はロンジチュードが293万5000円で、トレイルホークが380万円。

(webCG)

ジープ・レネゲード トレイルホーク
ジープ・レネゲード トレイルホーク拡大

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」の受注開始 2019.3.1 自動車ニュース FCAジャパンは2019年3月1日、新型「ジープ・ラングラー」に、新たに「アンリミテッド サハラ」を設定し、同日に受注を開始した。4代目ラングラーは、4つのバリエーションから選べるようになった。
ホームへ戻る