手を離して運転できるBMW 2019年夏にも国内初導入

2019.04.10 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年4月10日、日本初となるハンズオフ機能付き「渋滞運転支援機能」を搭載した車両を同年夏以降に順次導入すると発表した。

「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、ステアリングホイールから手を離しても走行が可能となるデバイス。BMWは、高速道路での渋滞時において周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにステアリング操作が確実に行える状態下で、ステアリングから手を離しての走行が可能になるとしている。

同システムは、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与するSAE(Society of Automotive Engineers)Internationalが定めるレベル2の段階に相当するが、自動運転ではなく、運用には前方注視が必要となるなど一定の条件が必要とのこと。

2019年夏以降に同システムを採用した「3シリーズ」「8シリーズ」「X5」などを販売し、対象モデルを順次拡大する予定。当該機能を搭載した車両の認可取得後には、メーカーオプションまたはBMW正規ディーラーにて販売する車両アクセサリーとしても提供するという。

(webCG)

写真は「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両のイメージ。
写真は「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両のイメージ。拡大

関連キーワード:
3シリーズ セダン, 8シリーズ クーペ, 8シリーズ コンバーチブル, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • BMW 5シリーズにディーゼル×4WDの新グレード スポーティーな内外装も特徴 2019.7.30 自動車ニュース 「BMW 5シリーズ/5シリーズ ツーリング」に新グレード「523d xDrive Mスピリット」「523d xDriveツーリングMスピリット」が登場。ディーゼルエンジンと4WD機構がかなえる力強い走りに加え、スポーティーな内外装も特徴となっている。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
ホームへ戻る