手を離して運転できるBMW 2019年夏にも国内初導入

2019.04.10 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年4月10日、日本初となるハンズオフ機能付き「渋滞運転支援機能」を搭載した車両を同年夏以降に順次導入すると発表した。

「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、ステアリングホイールから手を離しても走行が可能となるデバイス。BMWは、高速道路での渋滞時において周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにステアリング操作が確実に行える状態下で、ステアリングから手を離しての走行が可能になるとしている。

同システムは、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与するSAE(Society of Automotive Engineers)Internationalが定めるレベル2の段階に相当するが、自動運転ではなく、運用には前方注視が必要となるなど一定の条件が必要とのこと。

2019年夏以降に同システムを採用した「3シリーズ」「8シリーズ」「X5」などを販売し、対象モデルを順次拡大する予定。当該機能を搭載した車両の認可取得後には、メーカーオプションまたはBMW正規ディーラーにて販売する車両アクセサリーとしても提供するという。

(webCG)

写真は「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両のイメージ。
写真は「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両のイメージ。拡大

関連キーワード:
3シリーズ セダン, 8シリーズ クーペ, 8シリーズ コンバーチブル, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMWが新型「3シリーズ」のラインナップを強化 2019.5.27 自動車ニュース BMWジャパンは2019年5月24日、スポーツセダン「BMW 3シリーズ」に搭載するパワートレインの追加バリエーションを発表した。最高出力190psの直4ディーゼルや同292psのPHEV、同387psの直6ガソリンターボを新たにラインナップしている。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
ホームへ戻る