手を離して運転できるBMW 2019年夏にも国内初導入

2019.04.10 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年4月10日、日本初となるハンズオフ機能付き「渋滞運転支援機能」を搭載した車両を同年夏以降に順次導入すると発表した。

「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、ステアリングホイールから手を離しても走行が可能となるデバイス。BMWは、高速道路での渋滞時において周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにステアリング操作が確実に行える状態下で、ステアリングから手を離しての走行が可能になるとしている。

同システムは、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与するSAE(Society of Automotive Engineers)Internationalが定めるレベル2の段階に相当するが、自動運転ではなく、運用には前方注視が必要となるなど一定の条件が必要とのこと。

2019年夏以降に同システムを採用した「3シリーズ」「8シリーズ」「X5」などを販売し、対象モデルを順次拡大する予定。当該機能を搭載した車両の認可取得後には、メーカーオプションまたはBMW正規ディーラーにて販売する車両アクセサリーとしても提供するという。

(webCG)

写真は「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両のイメージ。
写真は「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」搭載車両のイメージ。拡大

関連キーワード:
3シリーズ セダン, 8シリーズ クーペ, 8シリーズ コンバーチブル, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • BMWが「5シリーズ セダン/ツーリング」をマイナーチェンジ 渋滞時ハンズオフ機能を採用 2020.9.28 自動車ニュース BMWジャパンが「5シリーズ セダン/ツーリング」のマイナーチェンジモデルを発売。内外装デザインを変更したほか、運転支援システムやコネクテッド機能に関する装備を強化しており、新たに渋滞時ハンズオフ機能などを採用した。
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
ホームへ戻る