【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビュー

2019.04.18 自動車ニュース webCG 編集部
スバル・アウトバック
スバル・アウトバック拡大

スバルは2019年4月17日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(会期:4月17日~28日)において、「アウトバック」の新型を世界初公開した。

 
【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビューの画像拡大

より広く より快適に

アウトバックは、SUVらしいキャラクターを特徴とする「レガシィ」シリーズのクロスオーバー型ワゴン。6代目となる新型は「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」をコンセプトに掲げ、新世代のスバルグローバルプラットフォームをベースに開発された。

「一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさを表現した」というボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4860×1855×1680mmで、ホールベースは2745mm。同じ北米仕様車同士で比べた場合、5年前にデビューした先代よりも43mm長く、15mm幅広くなっている(全高とホイールベースは同値)。最低地上高は220mm。

インテリアにおいては、フラッグシップならではの質感と、革新的な機能性を追求。すべての乗員が快適に過ごせる室内空間を実現すべく、後席のスペースを拡大した。荷室についてはゲート開口部、積載容量ともに拡大。非接触式のハンズフリーパワーリアゲートがスバル車として初めて採用されている。

11.6インチの大型ディスプレイが備わるインフォテインメントシステムも見どころで、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応するほか、多様なアプリケーションが提供される。

 
【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビューの画像拡大
アウトバックOnyx Edition XT
アウトバックOnyx Edition XT拡大
 
【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビューの画像拡大

タフイメージの新グレードも

パワーユニットは、2.4リッターの水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化により効率を高めた2.5リッター水平対向4気筒自然吸気エンジンの2本立て。組み合わされるCVT「リニアトロニック」は、変速比幅をさらにワイド化したうえで、駆動力の伝達効率が追求された。そのほか、走りを支えるメカニズムとして、アルミ製ロアアームや新設計ダンパーを採用。ハンドリングと乗り心地の向上が図られている。

また、運転支援システム「アイサイト」には、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加。安全運転を支援するドライバーモニタリングシステムも組み合わせることで、安心感をさらに高めたという。

そんな新型アウトバックには、アクティブライフスタイルを主張するグレード「Onyx Edition XT」も設定される。この新グレードは、タフでラギッドなイメージを一層強調する専用の内外装や、アウトドアでの使用をサポートする機能装備が特徴。本革のような質感を持つ防水マテリアル「StarTex」が採用されているほか、走行環境に応じて「SNOW・DIRT」「D.SNOW・MUD」という2つのモードに切り替えられる最新の「X-MODE」も搭載される。

(webCG)

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース