スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表

2019.05.14 自動車ニュース
スバルWRX STIタイプS
スバルWRX STIタイプS拡大

スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。

「WRX STIタイプS」には新たに19インチ切削光輝アルミホイールを採用している。
「WRX STIタイプS」には新たに19インチ切削光輝アルミホイールを採用している。拡大
「WRX」に採用された新しいボディーカラー、マグネタイトグレーメタリック(写真はSTIタイプS)。
「WRX」に採用された新しいボディーカラー、マグネタイトグレーメタリック(写真はSTIタイプS)。拡大

今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更するとともに、すべてのドアがロックされていない状態においては、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられるよう仕様変更されている。

今回の主な変更点は以下の通り。

  • ボディーカラーをダークグレーメタリックから新色マグネタイトグレーメタリックに変更
  • WRX S4 STI Sport EyeSightのフロントグリルにメッキモールを追加
  • WRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更
  • WRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更
  • WRX STIタイプSに19インチ切削光輝アルミホイールを採用
  • ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30km/h)
  • トランクの開閉方法を変更

ラインナップと価格は以下の通り。

  • WRX S4 2.0GT EyeSight:336万9600円
  • WRX S4 2.0GT-S EyeSight:373万6800円
  • WRX S4 STI Sport EyeSight:409万3200円
  • WRX STI:386万6400円
  • WRX STIタイプS:406万0800円

(webCG)

関連キーワード:
WRX S4, WRX STI, スバル, 自動車ニュース

スバル WRX S4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る