開発の決め手は“カバー”にあり!?
「日産デイズ」の意外なこだわり

2019.05.17 デイリーコラム

軽では破格の新設計

日産初の自社開発軽自動車(以下、軽)である新型デイズを見て、いちばん驚いたのはステアリングホイールが“まるい”ことだった。

ステアリングがまるいのは当然と思うかもしれないが、e-POWERが好調な「ノート」やプロパイロットが売りの「セレナ」、そして同社の最新技術を満載した電気自動車「リーフ」など、最近の国内市場をリードする日産車のステアリングには円形ではないDカット型が共通して使われている。スズキやホンダの例を見ても分かるように、最近の軽のステアリングは、兄貴分のコンパクトカーと共用するのが一般的。それに“電動化”や“自動運転”などの日産最新技術を前面に押す新型デイズにとって、ノートやリーフと同じ血脈を感じさせるのはけっして損ではないと思われる。

しかも、新型デイズの円形ステアリングは既存の流用品ではなく、新規で起こされた部品である。そういえば、今から約20年前、来日直後でキレッキレだった時代のゴーンさんが「ステアリングだけで何百種類もある!」と当時の日産における無駄の象徴としてステアリングを取り上げていたことを思い出す。今の日産車は「もう少し遊んでよ」と逆にいいたくなる(?)効率的な設計だが、そんな日産がわざわざステアリングを新設計するくらいに、新型デイズは期待の新商品なのだろうか。

……といったことを日産の新型デイズ担当技術者にうかがうと「当初は共用化も想定しましたが、デイズの使われかたを徹底的に調べて、ステアリングは円形がいいと判断しました」と答えてくれた。

繰り返すが、新型デイズは日産が初めて自社で設計開発した軽である。「軽市場や軽ユーザーに直接触れたのは初体験でした」とは前出の担当技術者。日産ブランドの軽はこれまでもあったが、クルマ自体はスズキや三菱が供給してきた。日産に販売や企画の軽担当者はいたが、一台をゼロから考案する商品企画や技術者に軽を経験した人間はいなかった。新型デイズは、そんな日産の技術者たちが軽の世界を初めての目のあたりにした歴史的瞬間(笑)でもあった。

2019年に発売された新型「日産デイズ」。初めて日産自動車が企画・開発した軽乗用車で、生産は三菱自動車が担当している。
2019年に発売された新型「日産デイズ」。初めて日産自動車が企画・開発した軽乗用車で、生産は三菱自動車が担当している。拡大
新型「デイズ」のコックピット周辺部。ご覧のとおり、円形のステアリングホイールが装着されている。
新型「デイズ」のコックピット周辺部。ご覧のとおり、円形のステアリングホイールが装着されている。拡大
こちらは日産のEV「リーフ」のインテリア。下方がフラットになった形状のステアリングホイールに注目。今回、それが新型「デイズ」に流用されることはなかった。
こちらは日産のEV「リーフ」のインテリア。下方がフラットになった形状のステアリングホイールに注目。今回、それが新型「デイズ」に流用されることはなかった。拡大
日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 「三菱eKクロス」の特別仕様車「Tプラスエディション」発売
    2019.12.25 自動車ニュース 三菱自動車は2019年12月25日、軽乗用車「eKクロス」に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、販売を開始した。最上級グレード「T」をベースに、人気オプションの「MI-PILOT」と電動パーキングブレーキ、デジタルルームミラーを標準装備している。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジ 2019.3.28 自動車ニュース 日産自動車は2019年3月28日、軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。パワートレインやプラットフォームを刷新したほか、一部グレードには軽自動車では初めて「プロパイロット」を搭載している。
  • 2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場 2020.7.8 自動車ニュース 独アウディは2020年7月7日(現地時間)、新型コンセプトモデル「アウディQ4スポーツバックe-tronコンセプト」を発表した。100%電気自動車のクーペSUVで、2021年の生産開始が見込まれている。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る