ポルシェが最高出力440psの「カイエンSクーペ」を発表

2019.05.16 自動車ニュース
ポルシェ・カイエンSクーペ
ポルシェ・カイエンSクーペ拡大

独ポルシェは2019年5月15日、同年3月21日にデビューした新型SUV「カイエン クーペ」のモデルラインナップに「カイエンSクーペ」を追加設定すると発表した。

20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。
20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。拡大
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。拡大
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。拡大

ポルシェ・カイエンSクーペは、先に日本導入がアナウンスされた最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3リッターV6ターボエンジン搭載の「カイエンクーペ」と、同550ps、同770Nmを発生する4リッターV8ツインターボエンジン搭載の「カイエンターボクーペ」の中間に位置するグレードとなる。

最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、標準装備の「スポーツクロノパッケージ」モデルで0-100km/h加速5.0秒、オプションの「ライトウェイトスポーツパッケージ」モデルで同4.9秒、最高速度263km/hというパフォーマンスが発表されている。

カイエンSクーペは、パワーステアリングプラスや20インチアルミホイール、パークアシスト、サラウンドビューカメラ、ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)などを標準装備する。

日本での価格や導入時期は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 新型「メルセデス・ベンツGLEクーペ」がデビュー 日本仕様車は2モデルで展開 2020.6.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月11日、新型「メルセデス・ベンツGLEクーペ」の日本導入を発表。同日、注文受け付けを開始した。デリバリーは同年6月下旬に始まる見込み。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
ホームへ戻る