ポルシェが最高出力440psの「カイエンSクーペ」を発表

2019.05.16 自動車ニュース
ポルシェ・カイエンSクーペ
ポルシェ・カイエンSクーペ拡大

独ポルシェは2019年5月15日、同年3月21日にデビューした新型SUV「カイエン クーペ」のモデルラインナップに「カイエンSクーペ」を追加設定すると発表した。

20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。
20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。拡大
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。拡大
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。拡大

ポルシェ・カイエンSクーペは、先に日本導入がアナウンスされた最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3リッターV6ターボエンジン搭載の「カイエンクーペ」と、同550ps、同770Nmを発生する4リッターV8ツインターボエンジン搭載の「カイエンターボクーペ」の中間に位置するグレードとなる。

最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、標準装備の「スポーツクロノパッケージ」モデルで0-100km/h加速5.0秒、オプションの「ライトウェイトスポーツパッケージ」モデルで同4.9秒、最高速度263km/hというパフォーマンスが発表されている。

カイエンSクーペは、パワーステアリングプラスや20インチアルミホイール、パークアシスト、サラウンドビューカメラ、ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)などを標準装備する。

日本での価格や導入時期は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.1 試乗記 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗。他ブランドではすでにおなじみとなっているデザインコンシャスなSUVだが、ポルシェの仕事を侮ってはいけない。外観だけでなく、走りの性能にも「カイエン」とは異なるクーペらしい味つけが施されているのだ。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • 新型「カイエンGTS」と「カイエンGTSクーペ」の予約注文受け付けがスタート 2020.6.12 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月12日、「カイエンGTS」および「カイエンGTSクーペ」を導入すると発表し、予約注文受け付けを開始した。最高出力460PS/最大トルク620N・mを誇る4リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。
  • 第190回:貝殻ビキニの武田久美子 2020.9.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第190回は、「ポルシェ911 GT3 RS」を試乗してみたの巻。レーシングマシン直系の高性能マシンを駆り、夜の首都高に繰り出すその気分は、まさに『湾岸ミッドナイト』のブラックバードだったのだが……。
ホームへ戻る