ポルシェが最高出力440psの「カイエンSクーペ」を発表

2019.05.16 自動車ニュース
ポルシェ・カイエンSクーペ
ポルシェ・カイエンSクーペ拡大

独ポルシェは2019年5月15日、同年3月21日にデビューした新型SUV「カイエン クーペ」のモデルラインナップに「カイエンSクーペ」を追加設定すると発表した。

20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。
20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。拡大
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。拡大
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。拡大

ポルシェ・カイエンSクーペは、先に日本導入がアナウンスされた最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3リッターV6ターボエンジン搭載の「カイエンクーペ」と、同550ps、同770Nmを発生する4リッターV8ツインターボエンジン搭載の「カイエンターボクーペ」の中間に位置するグレードとなる。

最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、標準装備の「スポーツクロノパッケージ」モデルで0-100km/h加速5.0秒、オプションの「ライトウェイトスポーツパッケージ」モデルで同4.9秒、最高速度263km/hというパフォーマンスが発表されている。

カイエンSクーペは、パワーステアリングプラスや20インチアルミホイール、パークアシスト、サラウンドビューカメラ、ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)などを標準装備する。

日本での価格や導入時期は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン ターボ クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.21 試乗記 全車がターボエンジンを搭載する「ポルシェ・カイエン クーペ」だが、車名に“ターボ”を冠した「カイエン ターボ クーペ」は格別だ。純内燃機関モデルでは最強の最高出力550PSのV8ツインターボと、ポルシェならではのシャシー性能を味わってみた。
  • ポルシェ・カイエン クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.1 試乗記 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗。他ブランドではすでにおなじみとなっているデザインコンシャスなSUVだが、ポルシェの仕事を侮ってはいけない。外観だけでなく、走りの性能にも「カイエン」とは異なるクーペらしい味つけが施されているのだ。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.4 試乗記 ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」に、“走りが身上”の上級グレード「GTS」が登場。専用の4リッターV8ターボエンジンとシャシーチューンの組み合わせは、いかな走りを見せるのか? 他のグレードにはないGTSならではの魅力に迫った。
  • ポルシェ・カイエン クーペ(前編)
    2020.3.5 谷口信輝の新車試乗 ポルシェの人気車種「カイエン」から派生した「カイエン クーペ」とはどんなクルマなのか? かねて興味津々だったレーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでステアリングを握った。
  • ポルシェ・カイエン クーペ(後編) 2020.3.12 谷口信輝の新車試乗 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗した谷口信輝は、笑顔を見せながらも「ポルシェとして考えたら、どうなんだろう?」と首をかしげた。この新型車のどこが心に引っかかるのか、率直な印象をお伝えする。
ホームへ戻る