不撓不屈のレジェンド
〜追悼 ニキ・ラウダ〜

2019.05.24 デイリーコラム

フェラーリを復活させた男

とうとう、あのニキ・ラウダも鬼籍に入ってしまった。

ラウダを語る上で避けて通れない、ニュルブルクリンクでの大事故が起きたのは1976年。大やけどと有毒ガスを吸い込んだことによる肺の損傷で死の寸前まで追いやられながら奇跡的に生還。2レースを欠場したのみで驚異のカムバックを果たしたばかりか、4位入賞という結果までもたらしたエピソードはあまりにも有名だが、彼のレーシングドライバーとしてのキャリア、いや人生そのものが、劇的な再起の連続だった。

だから昨年、肺の移植手術を受け、肺炎や腎機能低下、インフルエンザとの戦いが伝えられても、また力強く立ち直ってパドックに姿をあらわしてくれるだろう──ラウダを知る多くがそう信じていたはずである。それゆえに、5月20日に流れた彼の訃報は、世界に驚きと深い悲しみを与えた。

ここでは、3度チャンピオンに輝いた偉大なるドライバーであり、また近年はチーム首脳としてF1に関わり続けた、ラウダの足跡を振り返ってみたい。

アンドレアス・ニコラウス・“ニキ”・ラウダは、1949年ウィーンに生まれた。資産家の子息として恵まれた環境で育った彼の興味はいつしか自動車へと向かい、若くしてレースシーンに身を投じることに。親の猛反対を振り切りモータースポーツに没頭していく彼は、家の資産をあてにできず、参戦資金も自ら工面しながらステップアップしなければならなかった。

1971年、22歳のラウダは、型落ちのマーチを駆り地元オーストリアでF1デビューを飾るも、戦闘力のないマシンに加えて厳しい台所事情もあり、しばらくは際立った戦績を残せなかった。彼の非凡な才能が開花したのは1974年、不調にあえいでいたフェラーリに移籍してからのことだった。

1971年にF1デビューを飾ったニキ・ラウダ。マーチ、BRMでの不遇の時代を経て、1974年に名門フェラーリに移籍。すると瞬く間にその才能を開花させ、勝利を重ねることになる。(Photo=Ferrari)
1971年にF1デビューを飾ったニキ・ラウダ。マーチ、BRMでの不遇の時代を経て、1974年に名門フェラーリに移籍。すると瞬く間にその才能を開花させ、勝利を重ねることになる。(Photo=Ferrari)拡大
1970年代にフェラーリ黄金期を築いた2人、フィアットから傘下のフェラーリにやってきた若き日のルカ・ディ・モンテゼーモロ(写真左)とラウダが、絶不調のスクーデリア・フェラーリを救った。(Photo=Ferrari)
1970年代にフェラーリ黄金期を築いた2人、フィアットから傘下のフェラーリにやってきた若き日のルカ・ディ・モンテゼーモロ(写真左)とラウダが、絶不調のスクーデリア・フェラーリを救った。(Photo=Ferrari)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事