第1回:“恵まれたクラシックカー”の条件

幸運の黄色いエステート 2019.05.29 クラシックボルボ21世紀を駆ける ボルボ・カー・ジャパンの中にあって、古いクルマのレストアやメンテナンスなどのサービスを担う「クラシックガレージ」。彼らが再生した「ボルボP1800ES」を題材に、「クラシックカー趣味の入門に好適」とされるボルボの“クラシックカー事情”を紹介する。

徹底した“安全思想”の副産物

長らく居残っていた余寒も去り、春らしい日和となった2019年5月17日。この日、横浜で始まった「クラシックジャパンラリー2019」に、イエローのボディーも鮮やかなボルボP1800ESの姿があった。ステアリングを握るのは。ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長。このクルマは、ボルボ・カー・ジャパン直轄のプロジェクトであるクラシックガレージが、かつて自分たちの先達(せんだつ)が輸入販売した個体をリフレッシュしたものなのだ。

ヤナセ傘下の北欧自動車が、ボルボの輸入を始めたのは1960年のこと。「PV544」が主力モデルだった頃の話だ。その後、1974年に帝人ボルボが輸入代理店の権利を譲り受け、1986年には本社100%出資の日本法人が発足。今に至っている。

間もなく60年になろうとする日本での歴史の中で販売された個体の中には、今も現役で稼働しているものも多い。大きな要因となっているのはボディーのヤレの小ささだろう。その堅牢(けんろう)さはパッシブセーフティーの高さをうたってきたボルボにとって必然ではあったわけだが、それが結果として味落ちの少なさにもつながっている。単純な話に思われるかもしれないが、古いボルボに触れるほどにそれが実感として伝わってくるのだ。とはいえ、それ以外のところはもちろん他のクルマと変わらないわけで、順調に経年劣化が襲ってくることになる。

ただし、ボルボでは古いモデルの部品が多くラインナップされており、入手は難しくないという。もちろんすべてが当時物の完全純正というわけではなく、中には再販品やリビルト品、サードパーティーものも含まれるが、そのぶん価格も抑えられており、クラシックの入門にも向いているというのだ。

「Classic Japan Rally 2019 YOKOHAMA Y160」にて、横浜・元町商店街を出発する「ボルボP1800ES」。
「Classic Japan Rally 2019 YOKOHAMA Y160」にて、横浜・元町商店街を出発する「ボルボP1800ES」。拡大
参加車両の列に並ぶ「P1800ES」。1973年製のクラシックカーとはいえ、このラリーの参加車の中では“若い”部類のクルマだった。
参加車両の列に並ぶ「P1800ES」。1973年製のクラシックカーとはいえ、このラリーの参加車の中では“若い”部類のクルマだった。拡大
ドライバーを務めるのは、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之代表取締役社長。
ドライバーを務めるのは、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之代表取締役社長。拡大
今回取材した「P1800ES」は、ボルボ・カー・ジャパン内でクラシックカー事業を担う、「クラシックガレージ」がレストアしたものだ。
今回取材した「P1800ES」は、ボルボ・カー・ジャパン内でクラシックカー事業を担う、「クラシックガレージ」がレストアしたものだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事