「ルノー・カングー」の特別仕様車「クルール」発売

2019.06.07 自動車ニュース
ルノー・カングー クルール
ルノー・カングー クルール拡大

ルノー・ジャポンは2019年6月7日、「カングー」に特別仕様車「クルール」を設定し、同年6月13日に200台の台数限定で購入申し込み受け付けを開始すると発表した。

 
「ルノー・カングー」の特別仕様車「クルール」発売の画像拡大
 
「ルノー・カングー」の特別仕様車「クルール」発売の画像拡大
 
「ルノー・カングー」の特別仕様車「クルール」発売の画像拡大

ルノー・カングー クルールは特別なボディーカラーを特徴とした特別仕様車である。さまざまなテーマをもとに過去にもたびたび設定されてきた経緯がある。

第10弾となる今回のテーマは“バカンスの街 南フランス サントロペの空と海”。南フランスでもひときわ美しくバカンスで人気の街サントロペの爽やかな青空と、青く澄み切った海をイメージしたという。専用ボディーカラー「ブルードラジェ」を採用し、ボディー同色のフロントグリルブレードやブラックフロアバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーも装備する。

価格は259万9000円。購入申し込みの受付期間は6月13日から16日までで、申込件数が販売台数を上回った場合には抽選販売となる。抽選日は6月18日。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • 第35回:シトロエンC3 2019.5.29 カーデザイナー明照寺彰の直言 ユニークなデザインで注目を集め、デビューとともに一躍人気モデルとなった現行型「シトロエンC3」。いまやすっかりブランドの屋台骨となっている同車のデザインは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映るのか?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.5.9 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」に、6段マニュアルトランスミッションとよりハードなシャシーを備えた限定車「カップ」が用意された。“MT車保存会の会員”を自認する下野康史は、その出来栄えをどうジャッジする?
ホームへ戻る