トヨタは再びルマンを制するのか
これが2連覇へのキーポイントだ

2019.06.14 デイリーコラム

いまや実力は圧倒的

「今年のルマンの見どころは何?」という質問を何度か受けた。なかなか難しい質問だ。ポルシェとトヨタの威信をかけた戦いというような、シンプルでわかりやすい答えが用意できればいいが、そうはいかないからだ。「ヒューマンエラーとの戦い」と答えたところでピンとこないだろう。前段として、ルマン24時間とはどんなレースかを説明しなければならないが、答えを待つ側は得てして、そこまで辛抱強くない。簡潔にして明快な答えを求めるものだ。

昨2018年のルマン24時間は「トヨタの初優勝」というシンプルな見どころを伝えることができた(たとえ、実力が伯仲したライバルが不在だったにしても)。当然ながら、初優勝は1回しか経験できないので、今年のルマンにトヨタが勝ったところで、新鮮なよろこびや驚きはない。しかも、昨年のルマンと今年のルマンは同一シーズンに組み込まれているので、走っているクルマに技術面や形状面の変化はない。トヨタに関して言えば、カラーリングが少し変わってはいるが、白と黒ほどの違いはない(赤一色だったフロントカウルに黒の差し色が入った。間違い探しレベルの変化だ)。

そんな様子だから、「見どころは?」と疑問に思って当然だ。昨年のルマンもそうだったが、今年のルマンも、最上位カテゴリーのLMP1は自動車メーカー系チーム(ワークスチーム)のトヨタと、プライベーターが対決する構図である。規則の定めにより、トヨタはハイブリッドシステムを搭載し、プライベーターはガソリンエンジンのみを動力源として走る。昨年と同じ状況なら、結果は見えていると考えるのが自然だろう。そう考えたのはレースの主催者も同じで、トヨタとプライベーターの力の差が縮まって競争が激しくなるよう、プライベーターに対して手心を加えた。

EoT(技術均衡調整)というやつだ。このEoTは昨年のルマン24時間でも適用されており、実質的にエンジン出力を規定する最大燃料流量は、プライベーターに35%多い流量を認めていた。「トヨタTS050ハイブリッド」のエンジンは約500psの最高出力を発生するが、プライベーターは約700psを発生することができる。トヨタに300kW(約408ps)のモーターアシストがあるとはいえ、200psの出力差があれば差は縮まるだろうと考えた。

ところが、トヨタの実力はそんなものではなかった。空力性能やサスペンションを含むシャシー性能、それにピット作業など、総合性能ではるかにレベルが上だったのである。昨年のルマンとその後に行われたレースでの状況を踏まえ、プライベーターに対する最大燃料流量はトヨタを基準にして43.75%多く規定されることになった。それでも不十分と判断され、トヨタは最低重量が10kg増しとされた。そもそも、プライベーターの最低重量は、トヨタよりすでに成人男性ひとり分ほど軽く規定されていたのにもかかわらず……。

2019年5月4日、ルマンの前戦となるWEC 2018-2019第7戦スパ・フランコルシャン6時間レースを走る「トヨタTS050ハイブリッド」(写真手前)。トヨタがエントリーする最高峰クラスでは、「リベリオンR13ギブソン」や「BRエンジニアリングBR1 AER」、「エンソCLM P1/01ギブソン」といったプライベーターのマシンがライバルとなる。
2019年5月4日、ルマンの前戦となるWEC 2018-2019第7戦スパ・フランコルシャン6時間レースを走る「トヨタTS050ハイブリッド」(写真手前)。トヨタがエントリーする最高峰クラスでは、「リベリオンR13ギブソン」や「BRエンジニアリングBR1 AER」、「エンソCLM P1/01ギブソン」といったプライベーターのマシンがライバルとなる。拡大
第7戦スパ・フランコルシャン6時間を制したトヨタは、2018年から2019年にまたがる“スーパーシーズン”の最終戦であるルマン24時間を待たずに、WECの年間タイトルを手にした。写真は、チャンピオン獲得をよろこぶTOYOTA GAZOO Racingの面々。
第7戦スパ・フランコルシャン6時間を制したトヨタは、2018年から2019年にまたがる“スーパーシーズン”の最終戦であるルマン24時間を待たずに、WECの年間タイトルを手にした。写真は、チャンピオン獲得をよろこぶTOYOTA GAZOO Racingの面々。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事