英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始

2019.06.13 自動車ニュース
セント・アサンの新工場と「アストンマーティンDBX」。
セント・アサンの新工場と「アストンマーティンDBX」。拡大

英アストンマーティンは2019年6月12日(現地時間)、ニューモデル「DBX」の量産前のモデルについて、セント・アサンの新工場で生産を開始したと発表した。

 
英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始の画像拡大
 
英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始の画像拡大
 
英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始の画像拡大

アストンマーティンDBXは同ブランド初のSUVモデルであり、2019年末の発表へ向け、現在は公道でのテストが重ねられている。

同車の生産が開始されたセント・アサン工場は、アストンマーティンにとって第2の生産拠点である。アストンマーティンが、かつて英国国防省の格納庫があったこの土地に工場を新設すると発表したのは2016年初頭のことで、今回のDBXが同工場にとって初の生産車両となった。

今後はDBXの生産工場となり、2020年第1四半期にはフル操業となる予定。さらにはアストンマーティン・ラゴンダの“電動化の拠点”として、ラゴンダブランドのモデルの生産も計画されている。

(webCG)

関連キーワード:
DBX, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る