英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始

2019.06.13 自動車ニュース
セント・アサンの新工場と「アストンマーティンDBX」。
セント・アサンの新工場と「アストンマーティンDBX」。拡大

英アストンマーティンは2019年6月12日(現地時間)、ニューモデル「DBX」の量産前のモデルについて、セント・アサンの新工場で生産を開始したと発表した。

 
英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始の画像拡大
 
英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始の画像拡大
 
英アストンマーティンが「DBX」のプロトタイプを生産開始の画像拡大

アストンマーティンDBXは同ブランド初のSUVモデルであり、2019年末の発表へ向け、現在は公道でのテストが重ねられている。

同車の生産が開始されたセント・アサン工場は、アストンマーティンにとって第2の生産拠点である。アストンマーティンが、かつて英国国防省の格納庫があったこの土地に工場を新設すると発表したのは2016年初頭のことで、今回のDBXが同工場にとって初の生産車両となった。

今後はDBXの生産工場となり、2020年第1四半期にはフル操業となる予定。さらにはアストンマーティン・ラゴンダの“電動化の拠点”として、ラゴンダブランドのモデルの生産も計画されている。

(webCG)

関連キーワード:
DBX, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBXプロトタイプ(4WD/9AT)【海外試乗記】 2020.1.17 試乗記 アストンマーティン初のSUVとして開発された「DBX」。2020年春の発売を前に中東・オマーンで試乗した新型車は、スポーツカーブランドの血筋を感じる操縦性と、予想以上の実用性を兼ね備えていた。
  • アストンマーティンがニューモデル「DBX」を発表 106年の歴史の中で初のSUV 2019.11.20 自動車ニュース アストンマーティンが中国・北京でブランド初のSUV「DBX」を発表。専用設計のアルミボディーに550PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載し、5人乗車のフルサイズSUVでありながら、最高速291km/h、0-100km/h加速4.5秒という動力性能を実現している。
  • 東京オートサロン2020(アストンマーティン) 2020.1.12 画像・写真 アストンマーティンは東京オートサロン2020に、同社の107年におよぶ歴史の中で初のSUVとなる「DBX」を出展した。このDBXと最新のフラッグシップオープンモデル「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」の姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
ホームへ戻る