「王道」に挑むのは「SUV風」と「未来顔」
軽自動車の“カスタム顔”バトルが新時代に突入!

2019.06.19 デイリーコラム

はじまりは1997年

先日、「三菱eKクロス」の試乗記を書いた。タイトルは「カスタム顔に飽きたなら」である。これが通用してしまうのは、“カスタム顔”という言葉が広まって一般的になっているということなのだろう。軽自動車のハイトワゴン、スーパーハイトワゴンでは、内外装をスポーティーにドレスアップしたモデルをカスタムと呼ぶことが多い。実際に、グレード名となっていることもあるのだ。

初めてグレード名として採用したのは、「ダイハツ・ムーヴ」らしい。1997年5月のマイナーチェンジで追加された。「スズキ・ワゴンR」の後発となるだけに、独自性を発揮する必要があったのだろう。2003年に発売された「ダイハツ・タント」にも、2005年からカスタムモデルが加わっている。それ以来ムーヴとタントには常にカスタムシリーズがラインナップされているのだ。優しげな標準車に比べ、カスタムはいかつい顔を持つ。押し出しの強いルックスを好む層から人気となり、標準車をしのぐ売り上げを示すようになっていった。

「ホンダN-BOX」は2011年のデビューから標準車とカスタムをそろえていた。スズキの場合、ワゴンRは標準車と「スティングレー」だが、「スペーシア」にはカスタムがある。ひとごとながら心配になるのだが、商標の問題は大丈夫なのだろうか。そういうところにはうるさい業界なのだ。「ポルシェ911」は当初「901」として発表されたのに、3桁数字の真ん中が“0”のモデル名を登録していたプジョーから横ヤリが入って変更を余儀なくされていたではないか。

初代「ダイハツ・ムーヴ」に追加設定された「ムーヴカスタム」。
初代「ダイハツ・ムーヴ」に追加設定された「ムーヴカスタム」。拡大
ダイハツ・タントカスタム
ダイハツ・タントカスタム拡大
スズキ・スペーシア カスタム
スズキ・スペーシア カスタム拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る