【F1 2019 速報】第9戦オーストリアGPでフェルスタッペンが劇的優勝 ホンダ復帰後初V

2019.07.01 自動車ニュース

F1世界選手権第9戦オーストリアGPの決勝が、2019年6月30日、オーストリアのレッドブル・リンク(4.318km)を71周して行われた。

2番グリッドからのスタートで大失敗、7位まで落ちたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、見事な挽回劇を繰り広げ、表彰台の頂点までのぼりつめた。フェルスタッペンにとっては昨年のメキシコGP以来となる通算6回目の勝利で、レッドブルにとっては地元GPの2連覇。さらにパワーユニットサプライヤーのホンダにとっては、2006年ハンガリーGP以来となる13年ぶりの勝利となった。

2位はフェラーリのシャルル・ルクレール。ポールポジションからゴール目前まで首位を守るも、フェルスタッペンとの激しいつばぜり合いに敗れ、惜しくも初優勝を逃した。

3位にはメルセデスのバルテリ・ボッタスが入った。この週末、すっかり脇役に徹することとなったシルバーアロー。開幕戦から続いた連勝は「8」で止まった。

予選に起きたトラブルで9番グリッドと後方からのスタートとなったフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、残り2周でルイス・ハミルトンを抜き4位でフィニッシュ。メルセデスのハミルトンは、予選でのペナルティーで4番グリッドから出走、途中ノーズを壊すなど精彩を欠き、5位に終わった。

マクラーレン・ルノーの新人ランド・ノリスが6位でチェッカードフラッグを受け、2戦連続入賞。マクラーレンはカルロス・サインツJr.も8位でポイントを獲得した。レッドブルのもう1台、ピエール・ガスリーは、優勝したチームメイトに周回遅れにされての7位。キミ・ライコネン9位、アントニオ・ジョビナッツィ10位と、アルファ・ロメオ・フェラーリが2台そろって入賞、ジョビナッツィは初得点となった。

以下、11位セルジオ・ペレス(レーシングポイント・メルセデス)、12位ダニエル・リカルド(ルノー)、13位ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、14位ランス・ストロール(レーシングポイント)、15位アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)、16位ロメ・グロジャン(ハース・フェラーリ)、17位ダニール・クビアト(トロロッソ)、18位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、19位ケビン・マグヌッセン(ハース)、20位ロバート・クビサ(ウィリアムズ)と、全車が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップ首位は197点のハミルトンと変わらないが、2位ボッタスとの差は36点から31点に縮まった。ランキング3位にはフェルスタッペンが上がり、今回のレースのファステストラップ1点も加えて126点を獲得。4位ベッテル123点、5位ルクレール105点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップのトップはメルセデスで363点、2位フェラーリ228点、3位レッドブル169点、4位マクラーレン52点、5位ルノー32点という順位となる。

(文=bg)
 

 
【F1 2019 速報】第9戦オーストリアGPでフェルスタッペンが劇的優勝 ホンダ復帰後初Vの画像拡大

関連キーワード:
F1 2019, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事