ダーティハリーと名古屋章が夢の競演!?
波乱ムードが漂う日産の定時株主総会に潜入

2019.07.03 デイリーコラム

つまらない議案だと思っていたが……

株主総会に出席するなんて、最初で最後だと思っていた。4月8日に行われた日産の臨時株主総会は、取締役だったカルロス・ゴーン氏とグレッグ・ケリー氏の解任が議案だったからのぞいてみようと思ったのだ。今回の議案は剰余金の処分と定款一部変更、そして取締役選任と、至って地味である。シャンシャン大会に出てもつまらないと思っていたら、6月12日に筆頭株主のルノーが、投票を棄権する意向であると報じられた。43%の株を保有するルノーが棄権すれば、議案は否決されてしまう。

地味どころか、定款一部変更というのは日産のガバナンス改革で核となる重要議案だった。指名委員会等設置会社への移行に伴って「指名」「報酬」「監査」の3つの委員会を新設し、社外取締役による経営監視を強めることを目指す。日産の案ではルノーのジャン=ドミニク・スナール会長を指名委員会の委員とすることになっていたが、ティエリー・ボロレCEOのポストがない。反発したルノーは、ボロレ氏も委員にしろとねじ込んだのだ。

日産は、報酬委員会や監査委員会にルノーの取締役が入るのはガバナンス改革にそぐわないと考えている。ルノーとすれば、自分たちが外されるのは影響力をそぐ意図だと感じてしまう。水面下で駆け引きが行われ、6月20日の深夜になってようやくルノーが棄権撤回を表明。ボロレ氏を監査委員にすることで妥協が成立したのだ。一件落着ではあるが、日産とルノーの間に溝があることは明らか。FCAとの経営統合騒動のドタバタもあり、株主総会は一波乱ありそうな空気が漂っていた。

定時株主総会の招集状とともに届いた議決権行使書。筆者は日産自動車の株式を200株保有する小口株主である。
定時株主総会の招集状とともに届いた議決権行使書。筆者は日産自動車の株式を200株保有する小口株主である。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事