ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビュー

2019.07.03 自動車ニュース
アウディQ8
アウディQ8拡大

アウディ ジャパンは2019年7月3日、新型SUV「アウディQ8」の日本導入を発表した。同年9月3日から販売を開始する。

 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大
 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大
 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大
 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大
 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大
 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大
 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大
 
ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビューの画像拡大

2018年6月にデビューし、欧米ではすでに販売されているQ8。アウディの最上級SUVであった「Q7」をベースにスタイリッシュなクーペフォルムのボディーを与えた、新たなフラッグシップSUVである。アウディとしては初となるクーペルックのSUVだが、これを皮切りに今後は「Q3」や「Q5」をベースとしたモデルの登場が予想されている。

最新世代のQファミリーに共通する八角形のシングルフレームグリルやサッシュレスドアを持つ4ドアクーペ風ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4995×1995×1705mmで、ホイールベースは2995mm。Q7と比べると75mm短く、25mm幅広く、30mm低いが、絶対的なサイズが大きいだけに、5人の乗員に十分な居住空間と605リッター(後席シートバックを折り畳むと1755リッター)の荷室容量を持つ。

室内には新型「A8」から導入された、タッチディスプレイを全面的に採用したインフォテインメントシステム「MMIタッチレスポンス」や、フルデジタルメーター「アウディバーチャルコックピット」を装備。ボタンやスイッチを削減し、美しくクリーンなインテリアデザインを実現するとともに、より直感的な操作を可能とした。これら革新のユーザーインターフェイスとともに、さまざまなオンラインサービスを提供する、より充実した「アウディコネクト」を搭載している。

パワーユニットは最高出力340ps、最大トルク500Nmを発生する3リッターV6 DOHC直噴ガソリンターボエンジン。A8のほか、「A7スポーツバック」「A6」に導入済みのリチウムイオンバッテリーを用いた48V電源システムとベルト駆動式オルタネータースターターによるマイルドハイブリッドシステムを採用し、低燃費化を図った。変速機は8段ATで、駆動方式はもちろん“クワトロ”こと4WD(センターデフ式)である。

シャシーにはダンパーの減衰力を電子制御するダンピングコントロールサスペンションや、後輪を最大5度操舵するAWS(オールホイールステアリング)などを採用。オプションのアダプティブエアサスペンションを選べば、走行状況に合わせて車高が+50mmから-65mmまでの115mmの範囲で調整可能となり、オンロードでのダイナミックなハンドリングと快適な乗り心地、そしてオフロードでの高い走破性を高次元で両立する。

運転支援システムは、最大22個のセンサーやカメラの統合制御による最新バージョンを搭載。アダプティブドライブアシスト(ADA)を中核として、アダプティブクルーズコントロールやトラフィックジャムアシスト、アクティブレーンアシストを統合し、0-250km/hまでの速度域で加減速および車線変更のサポートを提供する。また、緊急時に車両を走行レーン内に自動的に停止させる、アウディ初となるエマージェンシーアシストを導入。さらに、A8で採用された、パーキングの際に縁石への接触を回避するのに役立つカーブストーンアシストも用意される。

アウディQ8のラインナップと価格は、以下の通り。

  • Q8 55 TFSIクワトロ:992万円(消費税8%を含む)/1010万円(同10%)
  • Q8 55 TFSIクワトロ デビューパッケージSライン:1102万円(同8%)/1122万円(同10%)
  • Q8 55 TFSIクワトロ デビューパッケージ ラグジュアリー:1102万円(同8%)/1122万円(同10%)

 

(文=沼田 亨)

 

関連キーワード:
Q8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • 独アウディが新型SUV「Q3スポーツバック」を発表 クーペライクなエクステリアを採用した「Q3」の派生モデル 2019.7.24 自動車ニュース 独アウディは2019年7月24日(現地時間)、コンパクトSUV「アウディQ3スポーツバック」の概要を発表した。2017年7月に発表された2代目「Q3」(日本未導入)の派生モデルで、クーペライクなボディースタイルが特徴となる。
  • アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.12 試乗記 アウディのコンパクトSUV「Q2」のラインナップに、動力性能を高めた「S」モデル「SQ2」が登場。小柄なボディーに最高出力300PSの高出力ターボエンジンと「クワトロ」フルタイム4WDを押し込んだハイパフォーマンスSUVは、いかなる走りを見せるのか?
ホームへ戻る