アウディデザインのキーマンに聞いた!
“温故知新”のこだわり4つのポイント

2019.07.10 デイリーコラム

「シングルフレームグリル」の起源は日本人デザイナー

アウディ ジャパンは2019年7月3日、東京都現代美術館でSUV「Q」シリーズのフラッグシップモデルとなる「Q8」を発表した。

アウディにとって「8」は、重要な意味をもつ数字だ。セダンの「A8」にスポーツカーの「R8」、そしてQ8と、トップエンドモデルであることを意味している。そして、昨年発表された新型A8がセダンの、Q8がSUVの、今後のアウディデザインの礎となるものだ。

ここで少しアウディデザインの歴史について振り返ってみる。近年で最もエポックな出来事は2005年に登場した3代目「A6」で初めて採用された「シングルフレームグリル」の誕生だ。ちなみにこのA6のエクステリアデザインを担当したのは、当時独アウディに在籍していた日本人デザイナーの和田 智氏だった。このシングルフレームグリルは、アウディのキーデザインのひとつとして四角い台形から六角形や八角形へと変化しながら現代に受け継がれている。

社長が替われば会社が変わるように、編集長が替われば誌面が変わるように、自動車のデザインが変化するきっかけは、デザイン部門のトップの交代とリンクしている。

このシングルフレームグリルが誕生した当時、アウディのデザイン部門のトップを務めていたのが、自動車デザイン界ではつとに有名なワルター・デ・シルヴァ氏だった。氏はアウディをはじめ、ランボルギーニやセアトのデザインも統括。のちにフォルクスワーゲン(VW)グループ全体のデザイン責任者となった。そののち、2007年にアウディのデザイン部門のトップを引き継いだのが、ヴォルフガング・エッガー氏だ。アルファ・ロメオのチーフデザイナーとして「156」「166」「147」「8Cコンペティツィオーネ」などを手がけたことで知られており、現在は中国BYDのデザインヘッドを務めている。

そして、2014年から現在までアウディのデザインヘッドを務めているのがマーク・リヒテ氏だ。VWでキャリアをスタートし、「ゴルフ」(5、6、7世代)や「パサート」「トゥアレグ」「アルテオン」などのプロダクションモデルを手がけてきた。これらのモデルの姿かたちに鑑みれば現在のアウディにつながるクリーンで先進的なデザインを得意とする人物であることは容易に想像がつくだろう。

2014年11月にリヒテ氏は、アウディのこれからの方向性を示す「アウディ・プロローグ」というコンセプトカーを発表。いまあらためて見てみると、このコンセプトには、新型A8をはじめ「A7」やA6などに用いられたデザインエッセンスが込められていることがわかる。

2019年7月3日に日本導入が発表された「アウディQ8」。
2019年7月3日に日本導入が発表された「アウディQ8」。拡大
現在にまで至るアウディのデザインアイコン「シングルフレームグリル」を初めて採用したのは「A6」だった。
現在にまで至るアウディのデザインアイコン「シングルフレームグリル」を初めて採用したのは「A6」だった。拡大
2014年のロサンゼルスモーターショーでお披露目されたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。
2014年のロサンゼルスモーターショーでお披露目されたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS Q3(4WD/7AT)/RS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.2.21 試乗記 日本未導入の新型「アウディQ3」をベースに、アウディスポーツが手を加えたハイパフォーマンスSUV「RS Q3」が早くも登場。ファストバックスタイルの「RS Q3スポーツバック」とも合わせ、冬のスウェーデンでその実力を確かめた。
  • アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.12 試乗記 アウディのコンパクトSUV「Q2」のラインナップに、動力性能を高めた「S」モデル「SQ2」が登場。小柄なボディーに最高出力300PSの高出力ターボエンジンと「クワトロ」フルタイム4WDを押し込んだハイパフォーマンスSUVは、いかなる走りを見せるのか?
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
ホームへ戻る