86年の歴史でサイズも形も柔軟に変化
BMWの「キドニーグリル」の奥深き世界

2019.06.26 デイリーコラム

「7シリーズ」では従来モデルよりも40%の大型化

BMWジャパンは2019年6月24日、フラッグシップセダンの改良型「7シリーズ」と、新たな最上級SUV「X7」を発表した。

両車に共通するのは、いやが上にも目を奪われる大きな「キドニーグリル」だ。7シリーズでは、先代モデル比で約40%もの大型化を果たしたという。またX7では、スポーツモデルのような横型ではなく縦型に近い形状にして、屈強なイメージを演出している。

ここで少しBMWの歴史を振り返ってみる。そもそもBMWは飛行機のエンジンメーカーだった。ちなみに現在も使用されている青と白のエンブレムは、長年バイエルンの青い空に回転するプロペラを図案化したものというのが定説だったが、実はバイエルン州旗(白と青)をもとにしたデザインという話が有力なようだ。

戦後にドイツで航空機製造が禁じられ、BMWはモーターサイクルメーカーへと転身する。そのビジネスが軌道に乗ると、当時「オースチン・セブン」のライセンス生産を行っていたディクシー社を傘下におさめて四輪事業へと進出する。

1933年、BMWとして初のオリジナル四輪車「303」が登場。当時、グリルといえば大きな一枚ものが一般的だったが、他車との差別化を図るために2分割したことがキドニーグリル(kidney grille)の始まりだったという。ちなみにキドニーとは英語で腎臓の意味だ。

以降、1930年代後半につくられた軍用車の「325」(BMW初の四輪駆動車でもあった)、1950年代にイソ社からライセンスを受けてつくっていた小型車「イセッタ」、それをひとまわり大きくした「600」、さらに600をベースにミケロッティがデザインしたクーペ「700」といった例外を除けば、歴代のBMWモデルにはすべてにキドニーグリルが備わっている。

マイナーチェンジ版「BMW 7シリーズ」のフロントマスク。「キドニーグリル」が大きくなったため、ヘッドランプが細くなったように見える。
マイナーチェンジ版「BMW 7シリーズ」のフロントマスク。「キドニーグリル」が大きくなったため、ヘッドランプが細くなったように見える。拡大
こちらがマイナーチェンジ前の「7シリーズ」。
こちらがマイナーチェンジ前の「7シリーズ」。拡大
BMW初のオリジナル四輪車である「303」。フロントには2つに分割されたグリルが備わっている。
BMW初のオリジナル四輪車である「303」。フロントには2つに分割されたグリルが備わっている。拡大
BMW 7シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る