オリンピックだけじゃもったいない!?
トヨタの新型EV「APM」はこんなクルマ

2019.07.19 デイリーコラム

楽な移動が最優先

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開幕まで1年となった、2019年7月18日。トヨタ自動車は、同大会で来場者の移動をサポートする専用モビリティー「APM」を公開した。車名は「Accessible People Mover」を略したもので、「エーピーエム」と読む。

APMが搬送するのは、大会関係者や選手のほか、高齢者、妊婦といった、歩行に労力を要する来場者だ。想定されるルートは会場のゲートから競技場や客席までの“ラスト・ワン・マイル”と呼ばれる道のり。バスやクルマが乗り入れできないこの区間の移動を手助けすることで、より多くの人が幸せにオリンピックを楽しめれば……というのがトヨタの望みである。

そのAPM、対面しての第一印象は「トゥクトゥク」(タイの三輪車)やゴルフカートの未来型、というものだった。全長×全幅×全高=3940×1620×2000mmのワンボックス型でドアはなく、左右どちらからでも低いフロアを一歩またげば乗車できる。

定員は最多で6人。3列シートのレイアウトは前から1人(ドライバー)/3人(乗員)/2人(乗員)の順で、2列目を折りたたみ、床下の乗降スロープを引き出すことで、車いすを(着座したまま1台)積み込めるようになっている。この際の定員は、1人(ドライバー)/1人(車いす)/2人(乗員)の計4人となる。最前列には、常にドライバーが1人だけ、しかもセンターの高い位置に座っている。そう聞くと運転席こそ特等席のようだが、これは、ドライバーが乗員を容易に見渡せ、しかも左右どちらからでもすばやく乗り降りして乗員をサポートできるよう配慮してのポジション。当然、パッセンジャー・ファーストなつくりなのである。

そのほか、今回公表されたAPMのスペックは以下の通り。

  • 最高速度:19km/h
  • 航続距離:約100km
  • 充電方式:普通充電(AC100VまたはAC200V)

生産予定台数は、この150台に、ストレッチャーが積める“救護仕様”50台を加えた計200台となっている。

これから1年かけて、例えば誤発進を防ぐ安全装備を追加するなどブラッシュアップしていくとのことだが、今回公開されたのはほぼ完成版。なかなかの作り込みで、乗り降りやシートの折りたたみといったデモを目にした取材陣からは「ちまたのタクシーよりもいい感じ」「一般向けに売らないのかな?」といった感想も聞かれたほどだ。

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックにトヨタが提供する専用モビリティー「APM」。
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックにトヨタが提供する専用モビリティー「APM」。拡大
車いすに乗ったまま乗車できる。アプローチするためのスロープは、「APM」のフロア下に収納されている。
車いすに乗ったまま乗車できる。アプローチするためのスロープは、「APM」のフロア下に収納されている。拡大
車いすをおさめた状態。この角度からだと、1列目にある運転席の高さがよくわかる。
車いすをおさめた状態。この角度からだと、1列目にある運転席の高さがよくわかる。拡大
2列目および3列目のシート。「APM」は最高速度が低いため、シートベルトの装備・装着は無用となっている。
2列目および3列目のシート。「APM」は最高速度が低いため、シートベルトの装備・装着は無用となっている。拡大
リアビュー。床の低さとグラスエリアの広さが印象的。
リアビュー。床の低さとグラスエリアの広さが印象的。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事