躍進を支えるのは地道な取り組みの積み重ね
ボルボのセールスコンテストに見るブランド改革のキモ

2019.07.29 デイリーコラム

ブランドの上級移行を顧客が受け入れている

「ブランディングって和製英語だっけ?」
「そうなんじゃないですか。名詞を無理やり現在進行形にしたようなコトバ、普通に考えたらおかしいじゃないですか」
「でも調べてみたら、家畜に焼き印を押す行為を“branding”って言ってたらしいよ」
「この辞書だと、ブランディングは英語で“branding”ってなってますけど」
「……」
「……」

これは、過日webCG編集部内で交わされた、「ブランディング」にまつわるIQ低めな会話である。

方々の説明会やらセミナーやらで耳にするこの言葉について、記者は「自分のブランドをよそと差別化して、価値を高めるとかそういう意味でしょ」というフワっとした認識しかない。そこから先のカタい定義については、読む本や語り部によって違ったりして、いまいちピンとこないのである。それは他のビジネス横文字用語も同じで……まぁ何が言いたいかというと、記者はこの類いの用語が苦手なのである。

上述の例ひとつ取っても、いかにもビジネス原始人なパーソナリティーの私だが、それでも昨今のボルボ・カーズがブランディングに注力していて、そして成功していることは知っている。

2018年のグローバル販売は過去最高の64万2253台と、5年連続前年比増を記録。2019年の上半期も前年比7.3%増の34万0826台で折り返した。日本市場を取り上げても、2018年の販売台数は前年比10.4%増の1万7389台と、1997年以来21年ぶりに1万7000台を突破。一方でクルマ1台あたりの単価も、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長いわく「かつては350万円ほどだったが、今は500万円にアップしている」とのこと。販売台数が増え、かつ商品単価が上がっているという事実は、ボルボというブランドが上級移行し、かつそれをカスタマーが受け入れている証拠だろう。

だから記者は、ブランディングの細かい定義は知らないけれど、ボルボのブランディングがうまくいっていることは知っているのである。

ボルボ・カー・ジャパンのセールスコンテスト「CS-VESC」にて、チーム部門の審査に臨むボルボ・カー大阪中央のスタッフ。
ボルボ・カー・ジャパンのセールスコンテスト「CS-VESC」にて、チーム部門の審査に臨むボルボ・カー大阪中央のスタッフ。拡大
「CS-VESC」とは、ボルボ・カー・ジャパンが実施しているセールスコンテストである。大会名にCS(Customer Satisfaction)と冠している通り、顧客満足度の向上を目的としている。
「CS-VESC」とは、ボルボ・カー・ジャパンが実施しているセールスコンテストである。大会名にCS(Customer Satisfaction)と冠している通り、顧客満足度の向上を目的としている。拡大
インポートブランドにおける顧客満足度No.1を目標に掲げ、ブランド改革に取り組むボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長。今、特に重視しているのがカスタマーロイヤルティーの向上で、「ボルボ車からボルボ車に乗り継いでいただけるお客さまの比率を、80%まで高めたい」とのことだった。(写真=ボルボ・カー・ジャパン)
インポートブランドにおける顧客満足度No.1を目標に掲げ、ブランド改革に取り組むボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長。今、特に重視しているのがカスタマーロイヤルティーの向上で、「ボルボ車からボルボ車に乗り継いでいただけるお客さまの比率を、80%まで高めたい」とのことだった。(写真=ボルボ・カー・ジャパン)拡大
最新モデルの「ボルボV60」(右)および「V60クロスカントリー」(左)と木村社長。
最新モデルの「ボルボV60」(右)および「V60クロスカントリー」(左)と木村社長。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事