BMW、5代目「M5」を発表

2011.06.21 自動車ニュース

BMW、5代目「M5」を発表

独BMWは、現行「5シリーズ」がベースのハイパフォーマンスモデル「M5」を発表した。

■V8ターボと7段M DCTを搭載

アッパーミディアムクラスを代表するスポーツセダンとして名をはせる「BMW M5」。その5代目となるニューモデルの詳細がついにベールを脱いだ。

圧倒的パワーを誇るV10エンジンが自慢の4代目M5がデビューしたのは2004年のこと。当初はセダンのみのラインナップだったが、2007年にはツーリングが追加され(日本未導入)、2010年の生産終了までに2万548台が世に送り出されている。その後、2011年4月の上海モーターショーで、現行の"F10型"5シリーズをベースとしたM5のスタディモデルが発表され、そしてついに新型M5がその姿を現した。

新型M5のデザインは、専用の大型エアインテークを持つフロントバンパーや、フロントフェンダーのエアアウトレット、4本出しのエキゾーストパイプ、リアディフューザーなど、ひとめでM5とわかるエクステリアが特徴だ。

注目のパワートレインはその構成を一新。ベースモデル同様、ダウンサイジングの動きはこのM5も例外ではなく、従来の5リッターV10に代えて、高回転型の4.4リッターV8がボンネットの下に収まる。直噴システムとバルブトロニックに、ツインスクロールのツインターボが組み合わされた"Mツインパワーターボエンジン"は、最高出力560ps/6000-7000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5750rpmというハイパフォーマンスを誇る。M5の車両重量は1870kgだから、パワーウェイトレシオはわずか3.3kg/psという数字になる。ちなみに、同じMツインパワーターボを積む「X6 M」より、5psパワーが充実している(最大トルクは同値)。

組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチギアボックスのM DCTドライブロジックで、後輪を駆動。新しいパワートレインが0-100km/h加速4.4秒の俊足を実現する。旧型に比べて10%のパワーアップが図られているにもかかわらず、EUのテストサイクルにおける平均燃費は9.9リッター/100km(=10.1km/リッター)で、30%以上の向上を果たしたという。アイドリングストップやブレーキ回生システムも、燃費向上に寄与している。

シャシーには、M5専用のサスペンションがおごられることに加え、専用チューンのDDC(ダイナミック・ダンピング・コントロール)やMサーボトロニックを採用。DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)の介入を制限し、ドライバーにクルマのコントロールを委ねる「Mダイナミックモード」、DSCやDDC、エンジンレスポンスなどが変更できる「Mドライブ」も搭載される。

新しい機構としては、電子制御多板クラッチにより後輪の左右のトルク配分を最適にコントロールする「アクティブMディファレンシャル」を搭載。コーナリング時のトラクションの向上や通常走行時のスタビリティ確保に貢献する。

このようにすべてが新しいM5。時代の要求に応えながら、エンスージアストの夢を叶えるスポーツセダンに仕上がったようだ。

(文=生方聡)

関連キーワード:
M5セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M5セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデル 2021.1.26 自動車ニュース BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入。BMW M社が開発したスポーツセダン/クーペで、ベースグレードでは480PS、その他のグレードでは510PSの最高出力を発生する3リッター直6ターボを搭載。サーキットでの性能を突き詰めた「トラックパッケージ」も用意している。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(前編) 2021.2.18 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。なかでも上位モデルに位置づけられる「タイカン ターボ」の走りを、プロはどう評価する?
ホームへ戻る