FFを選んでもコダワリは変わらず
新型「1シリーズ」に見るBMWの理想主義

2019.08.02 デイリーコラム

お客さまとの“ズレ”に直面

「駆けぬける歓び」というキャッチフレーズとともに、独自のブランドの世界観を築き上げてきたBMW。彼らがつくるクルマは縦置きエンジン、後輪駆動のFRで前後重量配分50:50を実現するなど、理想の走りを実現するための“メカニズムへのコダワリ”が半端ではない。そうしたコンセプトはエントリーモデル「1シリーズ」についても同様で、2004年に登場した初代と2011年に発売された2代目はFRレイアウトを採用していた。

ところが、そんな1シリーズに異変が起こった。最新モデルとしてリリースされた3代目は、前輪駆動のFFレイアウトで登場したのだ。

BMWのラインナップを見渡すと、FFについては、すでに実用空間重視の「2シリーズ アクティブツアラー」や3列シートの「2シリーズ グランツアラー」が存在しているが、1シリーズはといえば、軽量コンパクトな素性のよさを生かして、素直なハンドリングと軽快な走りが楽しめる貴重なFRモデルとされていた。それだけに、「あの1シリーズがついにFFになっちゃったの!?」と、嘆く人もいるだろう。BMWはすでにMINIブランドでFFの研究開発を徹底的に行っており、FFのクルマづくりに関する手腕は実証済み。気になるのは、「これまで続けてきたFRの実績を捨ててまで、1シリーズをFF化することが大事だったのか?」ということだ。

その点では、以前、コンパクトSUV「X1」のユーザーに関する話をBMWの担当者にうかがった時のことを思い出す。「現在の1シリーズのオーナーは、自分のクルマの駆動方式が何なのか知ることなくクルマを選ぶ人が多い」というのだ。

クルマ好きからすれば、「メーカーのコダワリも知らずに、なぜBMWを選ぶのか?」と聞いてみたくなるところだが、ブランドへの憧れやスポーティーな雰囲気に引かれて、自分を演出するクルマとして選ぶユーザーも少なくないのだろう。その観点ではたしかに、駆動方式がFFなのかFRなのかは、必ずしも関係ない。クルマの中で過ごし、道具として使う上では、走りに対するかたくななコダワリよりも、車内でゆったりくつろげることや荷物が積みやすいことのほうがよっぽど重要なのだ。

3代目となる新型「BMW 1シリーズ」。モデルチェンジに際し、駆動方式が従来のFRからFFへと変更された。
3代目となる新型「BMW 1シリーズ」。モデルチェンジに際し、駆動方式が従来のFRからFFへと変更された。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4391×1799×1434mm。FRの従来型よりも全長は若干短くなった一方、全幅と全高は拡大されている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4391×1799×1434mm。FRの従来型よりも全長は若干短くなった一方、全幅と全高は拡大されている。拡大
ホイールベースは先代よりも20mm短縮されているが、パッケージングの根本的な変化により、後席のニールームは33mm拡大した。ヘッドクリアランスは19mm広がっている。
ホイールベースは先代よりも20mm短縮されているが、パッケージングの根本的な変化により、後席のニールームは33mm拡大した。ヘッドクリアランスは19mm広がっている。拡大
FF化に伴い、フロントのエンジンは横置きに搭載されるようになった。
FF化に伴い、フロントのエンジンは横置きに搭載されるようになった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る