スポーツセダン「ジャガーXE」が2020年型に スポーティーな「R-DYNAMIC」が登場

2019.08.02 自動車ニュース
ジャガーXE
ジャガーXE拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年8月2日、Dセグメントセダン「ジャガーXE」の2020年モデルを発表した。同年8月3日に受注を開始する。

「Jブレード」と呼ばれるデザインが特徴的な、LEDヘッドランプ。
「Jブレード」と呼ばれるデザインが特徴的な、LEDヘッドランプ。拡大
新デザインのLEDテールランプなどは、同じジャガーのスポーツカー「Fタイプ」のものをモチーフにしたという。
新デザインのLEDテールランプなどは、同じジャガーのスポーツカー「Fタイプ」のものをモチーフにしたという。拡大
インテリアでは、2枚のタッチスクリーンからなる新しいインフォテインメントシステムと、レバー式となったシフトセレクターが特徴。
インテリアでは、2枚のタッチスクリーンからなる新しいインフォテインメントシステムと、レバー式となったシフトセレクターが特徴。拡大
2020年モデルの「XE」では、本革シートが標準装備となった。
2020年モデルの「XE」では、本革シートが標準装備となった。拡大
2020年モデルの「XE」には、標準モデルに加え、よりスポーティーな「R-DYNAMIC」(右)がラインナップに加わった。
2020年モデルの「XE」には、標準モデルに加え、よりスポーティーな「R-DYNAMIC」(右)がラインナップに加わった。拡大
すべてのエンジンで選択可能な「R-DYNAMIC」。ディーゼルモデルには4WDも用意されている。
すべてのエンジンで選択可能な「R-DYNAMIC」。ディーゼルモデルには4WDも用意されている。拡大

デザインを変更するとともに装備を大幅に強化

2020年モデルのジャガーXEは、内外装デザインの変更や装備の充実などが図られている。エクステリアデザインについては前後バンパーの意匠を変更したほか、レンズの外側から底部にかけて光源を設けた「Jブレード」デザインのLEDヘッドライト、半円形のLEDテールランプを採用。一方、インテリアではこれまでダイヤル式だったシフトセレクターを、「Fタイプ」などと同じレバー式に変更。またレザーシートを全グレードに標準装備とした。

装備については、「レンジローバー」シリーズや「ジャガーIペース」などから導入が進められている、10インチと5インチの高解像度デュアルタッチスクリーンで構成されるインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を初採用したほか、ジャガーおよびランドローバー車として初めて、携帯端末のワイヤレスチャージング機能を搭載。車体上部のカメラで撮影した映像をルームミラーに映し出すデジタルルームミラーも、ジャガーとしては初の装備となる。

さらに、これまでオプション扱いだったレーンキープアシストやドライバーコンディションモニター、トラフィックサイン・レコグニション(交通標識認識機能)、アダプティブスピードリミッターなどの運転支援システムを全グレードで標準装備化。スマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」や、「Apple CarPlay」「Android Auto」などのミラーリング機能にも対応するスマートフォンパックも全車標準装備としている。

ラインナップについても大幅な見直しが図られている。パワーユニットについては、ベーシックな200psの2リッター直4ガソリンターボエンジンと、380psを発生するスーパーチャージャー付き3リッターV6ガソリンエンジンを廃止。180psの2リッター直4ディーゼルターボエンジンと、250psと300psの2つの仕様の2リッター直4ガソリンターボエンジンの全3種類のバリエーションに整理した。

同時に、フォーマルなイメージの標準モデルに加え、新たなラインナップとして空力性能を高めるボディーパーツやダークメッシュ仕上げのフロントグリル、コントラストステッチを施したスポーツスタイルシート、サテンクロームのシフトパドルなどを備えた、スポーティーな「R-DYNAMIC」シリーズを新設定した。

R-DYNAMICは3種類のすべてのエンジンで選択可能で、装備に応じて「S」「SE」「HSE」の3つのグレードが用意されている。同モデルの設定により、ジャガーXEのラインナップは全17種類となった。

価格は、ディーゼルモデルが529万円から656万円、ガソリンモデルが555万円から723万円。

(webCG)

関連キーワード:
XE, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
ホームへ戻る