北米の2つの耐久レース優勝を記念 「ウラカンEVO GTセレブレーション」発表

2019.08.20 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウラカンEVO GTセレブレーション
ランボルギーニ・ウラカンEVO GTセレブレーション拡大

伊ランボルギーニは2019年8月16日(現地時間)、米カリフォルニア州モントレーで行われたカーイベント「ザ・クエイル・モータースポーツギャザリング」において、ミドシップ4WDスポーツ「ウラカンEVO」の特別仕様車「ウラカンEVO GTセレブレーション」を発表した。

「ウラカンEVO GTセレブレーション」は、GRTグラッサー・レーシング・チームの「ウラカンGT3 EVO」をモチーフとしたカラーリングが特徴となる。
「ウラカンEVO GTセレブレーション」は、GRTグラッサー・レーシング・チームの「ウラカンGT3 EVO」をモチーフとしたカラーリングが特徴となる。拡大
ボディーカラーとコーディネートされた、アルカンターラの新デザインレーシングシートを装着。
ボディーカラーとコーディネートされた、アルカンターラの新デザインレーシングシートを装着。拡大
シート後方のバルクヘッド部分に、エンブレムや国旗、月桂(げっけい)樹の冠が描かれた六角形のプレートが備わる。
シート後方のバルクヘッド部分に、エンブレムや国旗、月桂(げっけい)樹の冠が描かれた六角形のプレートが備わる。拡大

今回の特別仕様車は、米フロリダ州で開催されるデイトナ24時間とセブリング12時間というふたつの有名な耐久レースで、「ウラカンGT3 EVO」が2年連続優勝を収めたことを記念するもの。両耐久レースの合計時間にちなみ、36台が限定生産される。

特徴はカラーリングで、3種の外装色と3種の内装色を用意。合計9タイプの組み合わせから選択できるようになっているという。発表時に公開されたボディーカラーは、そのうちのグリーンとオレンジの組み合わせで、これは前述のレースで優勝したGRTグラッサー・レーシング・チームの「ウラカンGT3 EVO」のカラーリングに由来する。

エクステリアでは、レーシングマシンのカーナンバーにインスピレーションを受けた、六角形の中に数字の「11」が入るデザインをドアとフロントフードに入れ、20インチのセンターロック式ホイールやカラーブレーキキャリパーを採用。顧客からのリクエストがあれば、イタリアと米国の国旗に囲まれたランボルギーニ・スクアドラ・コルセのエンブレムをルーフに、月桂樹の冠をリアフェンダーに描くことも可能になっている。

サイドメンバーには「DAYTONA 24h」「SEBRING 12h」のプレートが飾られ、ドライバー側のBピラーには、限定生産数36台の中の1台であることを示すカーボンファイバーのプレートが取り付けられている。

インテリア素材には、外装色と同色でステッチが施されたアルカンターラを採用。ウラカンEVO GTセレブレーションで初採用となる新デザインのレース仕様シートも、アルカンターラの表皮や同じカラーアクセントでコーディネートされている。さらにシート後方のバルクヘッド部分には、エンブレムと国旗、月桂(げっけい)樹の冠が描かれた六角形のプレートが備わるなど、特別仕様車ならではの装備が採用されている。

この特別仕様車は北米市場の限定販売で、2020年初頭にデリバリーされる予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデル 2020.1.10 自動車ニュース アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンが、「ウラカンEVO RWD」を東京・代官山で日本初公開した。V10エンジン搭載のスーパースポーツカー「ウラカンEVO」をベースとした後輪駆動モデルで、価格は2653万9635円。デリバリーは2020年春以降となる。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
ホームへ戻る