クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第12回:CG ROBOT RACING TEAM 2019シーズンリポート Vol.5

晴天なれど波高し 2019.08.30 池島実紅の「挑戦! 86/BRZ Race」 前戦の富士ラウンドでは、井口卓人選手がいかにもベテランらしい巧みなレース運びで2位フィニッシュし、待望の今季初表彰台となったCG ROBOT RACING TEAM。チームはその余勢を駆って、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceシリーズ第6戦、十勝ラウンド出場のため北海道へ。台風15号の影響を受けるコンディションの中、チーム一丸となっての力走がサーキットで注目を集めた。
(『CG』2019年10月号から転載)

ゲンのよい十勝

全8大会からなるTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019シリーズも、早くもこの十勝で6ラウンド目を迎えた。この十勝ラウンドのあとに控えるレースは、もてぎと岡山の2大会のみ。シリーズ終盤を迎え、タイトル争いもいよいよ佳境を迎えようとしている。

そんな大事なレースの舞台となる十勝スピードウェイは、CG ROBOT RACING TEAMにとって、実はとてもゲンのよいコース。2016年の当ラウンドで、見事ポール・トゥ・フィニッシュで井口卓人選手がシリーズ初優勝を手にした、そんな思い出深いサーキットなのである。井口選手といえば、前戦の富士大会で、今季初表彰台をチームにもたらしたドライバーである。好レースを期する漠とした思いとともに、チームは帯広市近郊の更別村にある十勝スピードウェイにやってきた。

案の定、プロフェッショナルシリーズに参戦する井口選手と久保凛太郎選手のふたりは、雨に見舞われた練習走行の段階から好タイムを連発。予選では井口選手が5番手、凛太郎選手は12番手からそれぞれ第1ヒートのスタートを迎えることになった。

14周で競われたこの第1ヒートでCG ROBOT RACING TEAMのふたりは大健闘。井口選手がポジションキープの5位でフィニッシュした一方で、凛太郎選手は5台をオーバーテイクする攻めのレースを展開。12番手スタートから大きくジャンプアップする7位でチェッカーを受けた。

怒涛(どとう)の追い上げで、次々と前走車をオーバーテイク。十勝の週末を大いに盛り上げた久保凛太郎選手と#87 CG ROBOT BRZ BS(写真左から2台目)。シリーズ終盤に向けて何かやってくれそうで、非常に楽しみだ。
怒涛(どとう)の追い上げで、次々と前走車をオーバーテイク。十勝の週末を大いに盛り上げた久保凛太郎選手と#87 CG ROBOT BRZ BS(写真左から2台目)。シリーズ終盤に向けて何かやってくれそうで、非常に楽しみだ。拡大
第1ヒートを9位でフィニッシュし、パルクフェルメで喉をうるおす池島実紅選手。第2ヒートでは総合10位でチェッカーを受け、シリーズ参戦以来初となる悲願のポイントを獲得した。
第1ヒートを9位でフィニッシュし、パルクフェルメで喉をうるおす池島実紅選手。第2ヒートでは総合10位でチェッカーを受け、シリーズ参戦以来初となる悲願のポイントを獲得した。拡大

受け入れがたし

チームが擁する2台のスバルBRZは快調そのもので、翌8月18日に同じく14周で展開される第2ヒートは期待大。日曜朝、第2ヒートのスタートを前にスバルのイメージである“六連星(むつらぼし)”を染め抜いた、大きな応援フラッグを振るスバルの大応援団が勢ぞろいするなど、スバリストたちからのたしかな追い風を感じながら、井口、凛太郎両選手は第2ヒートへと向かった。

が、レースが思いどおりに進むことはやはりまれのようで、まず、スタートよく飛び出し、レース序盤、3番手争いを展開していた井口選手が他車との接触によりポジションダウン。#88 CG ROBOT BRZ BSはボンネットが折れ曲がるほどのダメージを受けたが、井口選手はしぶとくレースを続ける。

その一方で、今度はなんと4番手にポジションアップしていた凛太郎選手が、前を行く#34佐々木雅弘選手と接近戦を繰り広げた末に、ラインをクロスさせながら1コーナーでパス。3番手に浮上してみせた! ……はずだったが、その直後、後続の#34佐々木選手と5番手の#7堤 優威選手が接触。3番手に浮上したばかりの凛太郎選手は、この接触でコントロールを失った佐々木車に追突される形で大きく姿勢を崩し、ダメージを受けた状態で順位を下げるという展開に。

結局、手負いの凛太郎選手はチェッカーを受ける前にピットインを敢行。一方の井口選手は粘り強い力走の末に5位でフィニッシュ。貴重な12ポイントをチームにもたらしてみせた。

それにつけても、井口、凛太郎の両選手は表彰台を狙えるだけの速さとポテンシャルを示していただけに、自分の預かり知らぬ理由でみすみすその好機を逃したダメージはことのほか大きい。チームスタッフは皆、いわく言いがたい心持ちで北海道を離れたのだった。

(文=早田禎久/写真=服部真哉)

大きなフラッグを手に応援に駆けつけた、スバルの応援団。その熱意は、CG ROBOT RACING TEAMの選手たちを大いに励ました。
大きなフラッグを手に応援に駆けつけた、スバルの応援団。その熱意は、CG ROBOT RACING TEAMの選手たちを大いに励ました。拡大
5番グリッドからスタートした第2ヒートで、3番手に浮上したところ他車の接触に遭い、ポジションダウン。しかし、その後も粘り強い走りで5位フィニッシュしてみせた井口卓人選手と#88 CG ROBOT BRZ BS。追い込まれた状況でも決してあきらめず、最善を尽くすその姿勢はベテランならでは。
5番グリッドからスタートした第2ヒートで、3番手に浮上したところ他車の接触に遭い、ポジションダウン。しかし、その後も粘り強い走りで5位フィニッシュしてみせた井口卓人選手と#88 CG ROBOT BRZ BS。追い込まれた状況でも決してあきらめず、最善を尽くすその姿勢はベテランならでは。拡大

第6戦の十勝ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださった、スバルのディーラーメカニックの皆さんとCG ROBOT RACING TEAMの3人のドライバーたち。前列左から、杉山達彦メカ(千葉スバル テクニカルセンター店)、千葉弘平メカ(宮城スバル自動車 石巻店)、藤本康二メカ(東京スバル 青梅店)、菊地 巨メカ(岩手スバル自動車 盛岡都南店)、兒島昇平メカ(兵庫スバル自動車 西宮171号店)。後列左から、久保凜太郎選手、井口卓人選手、池島実紅選手。


	第6戦の十勝ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださった、スバルのディーラーメカニックの皆さんとCG ROBOT RACING TEAMの3人のドライバーたち。前列左から、杉山達彦メカ(千葉スバル テクニカルセンター店)、千葉弘平メカ(宮城スバル自動車 石巻店)、藤本康二メカ(東京スバル 青梅店)、菊地 巨メカ(岩手スバル自動車 盛岡都南店)、兒島昇平メカ(兵庫スバル自動車 西宮171号店)。後列左から、久保凜太郎選手、井口卓人選手、池島実紅選手。
	拡大
注目の記事PR
  • ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。
    ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。