クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第14回:CG ROBOT RACING TEAM 2019シーズンリポート Vol.6

そして、シリーズ最終戦へ。 2019.10.01 池島実紅の「挑戦! 86/BRZ Race」 井口卓人、久保凛太郎両選手が好走をみせながら、なんとも不運なアクシデントのため、見るべき結果を残せずに終わったTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceシリーズ第6戦、十勝ラウンド。そんな北の大地での一戦から、ちょうどひと月。CG ROBOT RACING TEAM は同シリーズ第7大会を、ツインリンクもてぎで迎えていた。
(『CG』2019年11月号から転載)

いよいよ大詰め

全8大会からなるTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019シリーズもいよいよ大詰めを迎えた。このツインリンクもてぎでの一戦が終わると、早いものでシーズンは最終戦の鈴鹿ラウンドを残すばかり。シリーズ終盤を迎え、タイトル争いはまさに佳境を迎えようとしている。

そんなシーズン大詰めの舞台となるツインリンクもてぎが、昨年まで86/BRZ Raceシリーズ開幕ラウンドの開催地であったことは記憶に新しい。シーズンの最終盤についに安定した速さを示すようになってきたCG ROBOT BRZ BS、そしてふたりのドライバーがピタリとかみ合ったにもかかわらず、十勝ラウンドではあと一歩というところで結果につながらず。もちろん残念には違いないのだが、CG ROBOT RACING TEAMが本来のファイティングポーズを取り戻した、その“デモンストレーション”という意味では、十勝での好走は極めて意義深いものだった。

期待とともに迎えたもてぎラウンドの予選では、#88井口卓人選手が8番手、そして、#87久保凛太郎選手は12番手。クオリファイにおける、ここ一発のタイムアタックには課題が残るものの、決勝での安定したスピードこそがCG ROBOT BRZ BSの身上である。

今回のもてぎラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださったスバル・ディーラー・メカニックの皆さん。前列左から橘 和弘メカ(福島スバル自動車 郡山店)、飯田恭史メカ(東京スバル 小松川店)、崔 允煥メカ(東京スバル 多摩店)、吉原邦康メカ(富士スバル 伊勢崎つなとり店)、後列左から、太田 実メカ(千葉スバル自動車 浦安店)、清水祥太メカ(栃木スバル自動車 佐野店)の6人である。
今回のもてぎラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださったスバル・ディーラー・メカニックの皆さん。前列左から橘 和弘メカ(福島スバル自動車 郡山店)、飯田恭史メカ(東京スバル 小松川店)、崔 允煥メカ(東京スバル 多摩店)、吉原邦康メカ(富士スバル 伊勢崎つなとり店)、後列左から、太田 実メカ(千葉スバル自動車 浦安店)、清水祥太メカ(栃木スバル自動車 佐野店)の6人である。拡大
もてぎのグリッドでスタートを前に、準備に余念がない佐野泰弘エンジニアと凛太郎選手の87号車。最終ラウンドの岡山ではCG ROBOT RACING TEAMの真価を発揮したいところだ。
もてぎのグリッドでスタートを前に、準備に余念がない佐野泰弘エンジニアと凛太郎選手の87号車。最終ラウンドの岡山ではCG ROBOT RACING TEAMの真価を発揮したいところだ。拡大

凛太郎選手の追走劇

翌日曜の決勝で、大いに気を吐いたのは予選12番手スタートの#87凛太郎選手だった。好スタートを決め、自分を波に乗せた凛太郎選手は、オーバーテイクが困難とされるもてぎで、見る者を圧倒する追走劇を展開。10周のレースが終わってみると、なんとポジションを7つも上げてフィニッシュ。5位入賞という値千金のリザルトを手にしてみせた。

一方、返す返すも残念な結果に終わったのが#88井口選手。レッドライトの滅灯よりわずかに動き出しが早かったか、ジャンピングスタートを取られた井口選手は、ドライブスルーペナルティーを科され、その結果、26位でレースを終えている。

凛太郎、井口両選手が出場したプロフェッショナルシリーズの前には、おなじみ、クラブマンシリーズ エキスパートクラスに参戦する#89池島実紅選手が出場。18番手スタートと下位グリッドからのスタートとなった池島選手だったが、決勝ではレース中盤に生じた他車との接触がペナルティーの対象となり、フィニッシュタイムに30秒が加算された結果、25位でレースを終えている。

さて、もてぎラウンドを終了し、今季の86/BRZ Raceシリーズは、泣いても笑っても、10月19日~20日に岡山国際サーキットで開催される最終戦のみとなった。シリーズ終盤に至って、クルマもチームもドライバーもいいフィーリングを得ているCG ROBOT RACING TEAM。シリーズ最終戦での奮闘を期待したい。

(文=早田禎久/写真=服部真哉)

12番グリッドからスタート。10周で行われた決勝のフィニッシュ時には5位にまでポジションアップしていた#87久保凛太郎選手。
12番グリッドからスタート。10周で行われた決勝のフィニッシュ時には5位にまでポジションアップしていた#87久保凛太郎選手。拡大
タイムアタックが首尾よくいかず、18番グリッドから決勝を迎えた池島実紅選手。決勝ではレース中盤に発生した接触により30秒加算のペナルティーを科されることに。
タイムアタックが首尾よくいかず、18番グリッドから決勝を迎えた池島実紅選手。決勝ではレース中盤に発生した接触により30秒加算のペナルティーを科されることに。拡大
注目の記事PR
  • 「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは?
    「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは? 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。