クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
東京モーターショー2019

当たるも八卦、当たらぬも八卦!?
東京モーターショー2019の出展車両を大予測

2019.09.02 デイリーコラム

祭りの時期がやってきた!

2019年10月25日から、第46回東京モーターショー2019が一般公開される。近年は入場者数が減っており、2017年の第45回は77万1200人だった。ピークだった1991年の201万8500人に比べるとわずか38%の数字だから、60%以上も減少した。

昔はクルマに対する関心が高く、東京モーターショーは、クルマ関連の情報を得られる有力な場所だった。それが今ではインターネットがあり、自宅にいてもさまざまな情報が入ってくる。ユーザー同士の情報交換も活発だ。東京モーターショーに出掛ける必要性は薄れただろう。

しかし東京モーターショーは、ユーザーと自動車業界が一緒に盛り上がるお祭りだ。ユーザーニーズとか、販売促進だけでは語れないイベントだろう。

そしてショーの華といえば、将来の製品を示唆するコンセプトカーや参考出品車両だ。今回のモーターショーに登場しそうなニューモデルを挙げてみたい。

2017年の東京モーターショーにおけるレクサスブースの様子。
2017年の東京モーターショーにおけるレクサスブースの様子。拡大

新型「日産ジューク」がデビューするが……

【トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)】
現行の「ヴィッツ」は2010年の発売だから、次期型を東京モーターショーでデビューさせる。車名を海外と同じ「ヤリス」に変える可能性も高い。久々のフルモデルチェンジになるため、エンジンとプラットフォームは新開発となる。

エンジンは直列3気筒の1リッターと1.3リッターだ。消費増税後には、排気量1リッター以下の乗用車は、自動車税が4500円引き下げられて年額2万5000円になる。トヨタは従来の1.3リッターや1.5リッターに加えて、1リッターエンジン車にも重点を置き、軽自動車に奪われたコンパクトカーの需要を取り戻す。

【トヨタTjクルーザー】
「Tjクルーザー」は北米向けに開発されるSUVだが、以前の「FJクルーザー」と同様、日本で売られる可能性もある。SUVでありながら、機能はミニバンに近い。後席側のドアはスライド式で、助手席まで畳めるから、車内をフラットな空間にアレンジできる。ホンダの「N-VAN」のような使い方も可能だ。悪路走破力も高く、アウトドアで使いこなせるSUVに仕上げる。

【日産ジューク】
次期型「ジューク」は、海外では2019年9月に発表される。それに続いて発売されるが、現時点で新型を日本に導入する予定はなく、今後も現行型をほそぼそと売り続けるらしい。非常に情けない話だ。

しかし、ジュークは混雑した街中にぴったりのコンパクトSUVだから、これを日本で売らず、どこの国で売るというのだろう。カルロス・ゴーンが去った今、日産内部では「国内市場をもう少し見直すべきだ」という意見も強まっている。ぜひとも国内発売に期待したい。「e-POWER」を搭載するなど、大幅に魅力を増して登場するようだ。

【日産デイズルークス】
次期型「デイズルークス」は、2020年に発売される。現行の「デイズ」をベースに、全高を1760~1790mmに高める。後席側のドアはスライド式で、後席を畳めば自転車のような大きな荷物も積める。装備では「プロパイロット」も採用する。

他に目立った特徴はなく、現行デイズの背を高くした軽自動車と考えればいい。それでも「ホンダN-BOX」「スズキ・スペーシア」「ダイハツ・タント」と同じ売れ筋のジャンルだから、販売台数は必ず伸びる。日産は次期型ジュークを導入するなどして小型/普通車に力を入れないと、ホンダのように軽自動車が中心のメーカーになってしまう。

現行型「トヨタ・ヴィッツ」が発売されたのは2010年12月のこと。モデルライフは9年に近づいた。
現行型「トヨタ・ヴィッツ」が発売されたのは2010年12月のこと。モデルライフは9年に近づいた。拡大
「Tjクルーザー」は2017年の東京モーターショーでコンセプトモデルとしてデビュー。大きく見えるが、全長4300mmと公表されていた。
「Tjクルーザー」は2017年の東京モーターショーでコンセプトモデルとしてデビュー。大きく見えるが、全長4300mmと公表されていた。拡大
日産自動車の海外向けウェブサイトには次期型「ジューク」のカムフラージュ付きテスト車両が掲載されていた。日本向けのサイトに載っていないのは気になるところだ。
日産自動車の海外向けウェブサイトには次期型「ジューク」のカムフラージュ付きテスト車両が掲載されていた。日本向けのサイトに載っていないのは気になるところだ。拡大
「デイズ」に続いて日産は「デイズルークス」(写真は現行型)もフルモデルチェンジする。人気のジャンルだけに売れ行きは伸びることだろう。
「デイズ」に続いて日産は「デイズルークス」(写真は現行型)もフルモデルチェンジする。人気のジャンルだけに売れ行きは伸びることだろう。拡大

次期型「スズキ・ハスラー」は新世代プラットフォームに

【ホンダ・フィット】
「フィット」のフルモデルチェンジの方向性は「フォルクスワーゲン・ポロ」などと同様で、外観はあまり大きく変えずに中身を進化させる。ハイブリッドは「ステップワゴン」などに使われるi-MMDの小型車版だ。エンジンは主に発電機を作動させ、その電気を使ってモーターを駆動する。

「ホンダセンシング」に含まれるいわゆる“緊急自動ブレーキ”は歩行者の検知も可能になる。燃料タンクは従来型と同じく前席の下に搭載して空間効率を高め、後席と荷室が広い。そしてフィットに限らず日本のコンパクトカーは、全般的に走行安定性と乗り心地が良くないと言われてきたが、このあたりも重点的に改善する。

【スズキ・ハスラー】
スズキがラインナップする前輪駆動の軽自動車の中で、世代の古いプラットフォームを使う唯一の車種が「ハスラー」だ。今では発売から約6年が経過した。一種のアイデア商品だから後継車種が登場しないことも考えられるが、今はSUVの人気が高い。「ワゴンR」と共通の新しいプラットフォームを使い、従来以上にSUVのデザイン性と機能を高めて登場する。

【ダイハツのコンパクトSUV】
「タント」で採用した新しいプラットフォームは、小型車にも応用できる。そこでダイハツは、前輪駆動をベースにしたシティー派SUVを加える。エンジンは1リッター直列3気筒で、最小サイズのSUVになる。

ここで紹介したクルマはあくまでも予想だから、出品されないことも考えられる。それでも大半の車種がいずれ発売されることは確かなので、新車選びの参考にはなると思う。皆さん、東京モーターショーに出掛けてみてはいかがでしょうか。

(文=渡辺陽一郎/写真=トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、スズキ、ダイハツ工業/編集=藤沢 勝)

こちらは「ホンダ・フィット」の現行モデル。新型でも見た目はキープコンセプトとなるようだ。
こちらは「ホンダ・フィット」の現行モデル。新型でも見た目はキープコンセプトとなるようだ。拡大
大ヒットモデル「スズキ・ハスラー」の新型登場も近いと思われる。
大ヒットモデル「スズキ・ハスラー」の新型登場も近いと思われる。拡大
こちらは2017年の東京モーターショーにダイハツが出展したコンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトカー「DNトレック」。
こちらは2017年の東京モーターショーにダイハツが出展したコンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトカー「DNトレック」。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。