ブランド創立120周年を記念した限定車 「フィアット500スーパーポップ チェントヴェンティ」登場

2019.08.29 自動車ニュース
「フィアット500スーパーポップ チェントヴェンティ」。ボディーカラーは120台限定の「ボサノバホワイト」。
「フィアット500スーパーポップ チェントヴェンティ」。ボディーカラーは120台限定の「ボサノバホワイト」。拡大

FCAジャパンは2019年8月28日、「フィアット500」に特別仕様車「Super Pop Centoventi(スーパーポップ チェントヴェンティ)」を設定し、同年9月7日に240台の台数限定で発売すると発表した。

こちらは60台限定の「パソドブレレッド」。
こちらは60台限定の「パソドブレレッド」。拡大
同じく60台限定の「ミントグリーン」。
同じく60台限定の「ミントグリーン」。拡大
 
ブランド創立120周年を記念した限定車 「フィアット500スーパーポップ チェントヴェンティ」登場の画像拡大
 
ブランド創立120周年を記念した限定車 「フィアット500スーパーポップ チェントヴェンティ」登場の画像拡大

イタリア語で「120」を意味する「チェントヴェンティ」を名乗る今回の特別仕様車は、フィアットの創業120周年を記念したモデルだ。ベース車は1.2リッター直4エンジン(最高出力69PS/最大トルク102N・m)を搭載した「1.2ポップ」となる。

フロントフェンダーおよびリアゲートには専用ステッカーが貼られる。ブランドカラーである「ボルドー」を基調としたこのステッカーには、「120 Centoventi」の文字とともに、1899年にフィアットが最初に世に出したモデル「3 1/2 HP」のシルエットが描かれている。

ボディーカラーは「ボサノバホワイト」(限定120台)と「パソドブレレッド」(同60台)、さらに「ミントグリーン」(同60台)と、イタリアントリコロールの全3色を設定。価格は184万円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 初代とはまるで違う!? 2021年秋登場の新型「レクサスNX」はここに注目! 2021.6.21 デイリーコラム 2021年秋に国内販売がスタートする、新型「レクサスNX」。同ブランドのグローバルコアモデルと位置づけられるSUVは、どんな思いでつくられたのか? こだわりのポイントについて、開発責任者やデザイナーに話を聞いた。
  • キャデラックCT5プラチナム(FR/10AT)【試乗記】 2021.6.19 試乗記 キャデラックの新型セダン「CT5」のラインナップから、上質さが身上の「プラチナム」に試乗。FRの駆動レイアウトに穏当なシャシーチューニングを組み合わせた同車は、欧州のプレミアムカーもかくやという、自然で理知的なダイナミクス性能の持ち主だった。
ホームへ戻る