17年のカーライフで購入台数は50台超!
クルマ選びの鬼、マツダの新型車を買う

2019.09.04 デイリーコラム

クレバーなカーライフを送る“例外的な男”

巨匠・徳大寺有恒氏の言葉に、「自動車は、売っても買っても損をする」というものがある。至言であろう。売ろうとすると思った値段では買い手がつかず、欲しいクルマは高値のままというのがこの世の常だ。クルマ好きというものは、とかくターゲットを狭く設定してしまう。このクルマが欲しい! と思い込むと、ほかのモデルは目に入らない。そうなると、市場原理が働かなくなる。

webCGの編集部員は、常軌を逸したクルマ選びをすることで知られている。代表格は、タイヤ交換で40万円もかかる無駄な大排気量のアメ車に乗っているH青年だろう。いくらアクセルを踏んでも前に進まないイタ車を最近入手したW氏もどうかしている。売れ残っていた国産SUVを大幅値引きでゲットしたとはしゃいでいたF青年は、それがぬか喜びであることにまだ気づいていない。不人気車なのだから、買った瞬間に市場価格は3分の1に下がっている。

“間違いだらけのクルマ選び”が横行する編集部の中で、例外的にクレバーなカーライフを送っているのがK青年である。常に複数台のクルマを所有し、気に入ったクルマがあれば迷いなく購入する。それでも損は最小限に抑えているというからたいしたものだ。現在は「マツダCX-8」と「メルセデス・ベンツEクラス」のステーションワゴンに乗っている。もう1台は必ずマニュアルトランスミッションのクルマを持つことにしていて、それを最近買い替えた。

エッセイ『バイパーほったの ヘビの毒にやられまして』でおなじみの、編集部H青年の「ダッジ・バイパー」。タイヤ交換で右往左往していたが、現在は「それどころじゃない」(本人談)理由で修理工場に入庫中だとか。
エッセイ『バイパーほったの ヘビの毒にやられまして』でおなじみの、編集部H青年の「ダッジ・バイパー」。タイヤ交換で右往左往していたが、現在は「それどころじゃない」(本人談)理由で修理工場に入庫中だとか。拡大
編集部W氏はかつてwebCGの社用車として活躍した「フィアット・パンダ4×4」をお買い上げ。イタリア車のいいところも悪いところもたっぷりと詰まっている。
編集部W氏はかつてwebCGの社用車として活躍した「フィアット・パンダ4×4」をお買い上げ。イタリア車のいいところも悪いところもたっぷりと詰まっている。拡大
編集部F青年は「三菱エクリプス クロス」の“新車”を55万円引きでゲット。不人気車だから安いということにどうして気がつかないのだろうか。
編集部F青年は「三菱エクリプス クロス」の“新車”を55万円引きでゲット。不人気車だから安いということにどうして気がつかないのだろうか。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事