スバルが「レガシィ アウトバック/B4」の改良モデルを発表 スポーティーなエントリーグレード「B-SPORT」を新たに設定

2019.09.03 自動車ニュース
スバル・レガシィ アウトバック
スバル・レガシィ アウトバック拡大

スバルは2019年9月3日、「レガシィ アウトバック/B4」の改良モデルを発表した。同年11月8日に販売を開始する。

「レガシィB4」。今回の改良を機にラインナップされた「B-SPORT」グレードはスポーティーな内外装を採用。
「レガシィB4」。今回の改良を機にラインナップされた「B-SPORT」グレードはスポーティーな内外装を採用。拡大
「レガシィ アウトバック/B4」の「リミテッド」グレードでは、ブラウンレザーの内装が選べるようになった。
「レガシィ アウトバック/B4」の「リミテッド」グレードでは、ブラウンレザーの内装が選べるようになった。拡大
「レガシィ アウトバック」のボディーカラーに追加設定された「クールグレーカーキ」。
「レガシィ アウトバック」のボディーカラーに追加設定された「クールグレーカーキ」。拡大

今回の改良では、両モデルにスポーティーな内外装デザインを採用したエントリーグレード「B-SPORT」を新たに設定。「リミテッド」グレードに、ブラウンレザーのインテリアを追加した。

さらに、アウトバックの外装色に「クールグレーカーキ」を追加。四輪駆動制御システム「X-MODE」には、雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」と、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを新たに設定した。

ラインナップと価格は以下の通り(消費税10%を含む)。

  • レガシィ アウトバックB-SPORT:341万円
  • レガシィ アウトバック リミテッド:363万円
  • レガシィ アウトバックX-BREAK:346万5000円
  • レガシィB4 B-SPORT:313万5000円
  • レガシィB4リミテッド:330万円

(webCG)

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
ホームへ戻る