「ホンダe」の市販モデルがデビュー パワートレインのスペックも明らかに【フランクフルトショー2019】

2019.09.04 自動車ニュース

ホンダの欧州現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2019年9月4日(現地時間)、第68回フランクフルト国際モーターショー(会期:2019年9月10日~22日)において、新型電気自動車(EV)「ホンダe」の市販モデルを公開すると発表した。

2019年のジュネーブショーでプロトタイプモデルがお披露目されていたホンダe。市販モデルがフランクフルトで姿を現すが、英国やドイツ、フランス、ノルウェーなどでは、すでに予約受注が開始されている。

ボディー全体のスタイリング、さらにポップアップ式のドアハンドルやサイドミラーの役目を果たすカメラシステムといったディテールはプロトタイプモデルから大きな変化はないが、今回は新たにパワートレインのスペックが明らかにされた。

リアアクスルに搭載されるモーターは、最高出力136PS、または同154PSの2タイプ。最大トルクはいずれも315N・mとなる。駆動用バッテリーの容量は35.5kWhで、一充電あたりの航続可能距離は220km以上(ホンダの社内データ)と公表されている。

また、インフォテインメントシステムには音声操作が可能なパーソナルアシスタント機能を搭載。「OK Honda」をキーワードに起動し、AIを利用した学習機能も備えている。

ホンダによれば、日本市場には2020年中に導入する予定だという。

(webCG)

ホンダe
ホンダe拡大

関連キーワード:
ホンダe, ホンダ, フランクフルトモーターショー2019, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 「ホンダe」はこうして生まれた! デザイナートークで感じた新時代のホンダデザイン 2020.11.13 デイリーコラム 未来に対する提案に満ちたメカニズムや装備はもちろん、そのデザインでも話題を集めている電気自動車の「ホンダe」。親しみやすさを重視したシンプルなデザインはいかにして誕生したのか? デザイナーたちがそのエピソードを語った。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • 第634回:こんなカーライフがあったのか! ホンダ車中泊用アクセサリーのすすめ 2020.11.13 エディターから一言 クルマのオプション&アクセサリーといえば、カーナビ? それともエアロ? ホンダアクセスが開発したさまざまなアイテムは、「使って泊まれる道具」としてのクルマの魅力を、うんと高めるものだった。
ホームへ戻る