会場までの道のりはミステリーツアー!?
「ポルシェ・タイカン」のワールドプレミアに立ち会って

2019.09.11 デイリーコラム

自然エネルギーを象徴する3カ所で

ポルシェは2019年9月4日、初の100%バッテリー電気自動車(BEV)「タイカン」のワールドプレミアイベントを、欧州、北米、中国の世界3カ所で同時刻に行った。ドイツではベルリン近郊のノイハルデンベルクの太陽光発電所、北米では米国ニューヨーク州とカナダ・オンタリオ州の国境にあるナイアガラの滝近くの水力発電所、中国では福建省福州市から約150km離れた平潭(ぴんたん)にある風力発電所と、ポルシェにとって主要なマーケットであり、かつ自然エネルギーで電力を賄う象徴的な場所を選んでのプレゼンテーションだった。

なぜ、アジア地域では中国で開催されたのかといえば、それは言わずもがなアジアのみならず、世界でナンバー1の自動車マーケットだからだ。PM2.5などによる深刻な大気汚染に悩む中国は、大量の補助金を用意し、国策としてNEV(New Energy Vehicle)規制を推し進めている。NEV規制は米カリフォルニア州が採用するZEV(Zero Emission Vehicle)規制法にならい、中国で年間3万台以上の自動車生産、輸入を行うメーカーに対し、NEVに付与されるクレジットの獲得を義務付け、目標をクリアできなければ罰金を科すというものだ。現在の米中関係の影響による市場動向には細心の注意が必要だが、ポルシェにとって中国が最重要マーケットであることに変わりはない。

「ポルシェ・タイカン」のワールドプレミアイベントは世界3カ所で同時開催。筆者は中国で行われたものに参加した。
「ポルシェ・タイカン」のワールドプレミアイベントは世界3カ所で同時開催。筆者は中国で行われたものに参加した。拡大

中国会場に掲げられていた案内看板。「保时捷」は「ポルシェ」を、「全球首秀」は「ワールドプレミア」を意味する中国語だ。


	中国会場に掲げられていた案内看板。「保时捷」は「ポルシェ」を、「全球首秀」は「ワールドプレミア」を意味する中国語だ。
	拡大
中国会場周辺の様子。風力発電用の風車が至るところに立っている。
中国会場周辺の様子。風力発電用の風車が至るところに立っている。拡大
ドイツ会場はベルリン近郊、ノイハルデンベルクの太陽光発電所に設置された。
ドイツ会場はベルリン近郊、ノイハルデンベルクの太陽光発電所に設置された。拡大
ナイアガラの滝に近い水力発電所に用意された北米会場。
ナイアガラの滝に近い水力発電所に用意された北米会場。拡大
ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • ポルシェ・カイエンEハイブリッド クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.18 試乗記 いまやポルシェの屋台骨を支える重要車種となったSUV「カイエン」。そのクーペSUV版のプラグインハイブリッドモデルという極めて“イマ風”な一台は、どんな走りを味わわせてくれるのか?
ホームへ戻る