メーカーの垣根を越えた協業が加速
EV専用アーキテクチャーが自動車業界を変える

2019.09.23 デイリーコラム

昨今の取り組みに見るEV普及への本気度

多数の完成車メーカーが出展を見送った今年(2019年)のフランクフルトモーターショー。日本勢も軒並み不参加という中で、唯一気を吐いたのがホンダだった。

ワールドプレミア(世界初公開)は、2020年初夏からデリバリーを開始する量産型電気自動車(EV)「Honda e(ホンダ・イー)」。2017年のフランクフルトモーターショーで「Honda Urban EV Concept(ホンダ・アーバンイーブイコンセプト)」として登場し、2019年3月のジュネーブショーではプロトタイプが紹介された。コンセプト、プロトタイプ、量産型と、律義に3度もショーでのお披露目を経て発売するあたりに、ホンダの意気込みがうかがえる。

とはいえ、世のEV市場はメーカーの思惑とは裏腹に伸びが鈍い。「“量産”といってもEVだから、つくる数はたかが知れているのでは?」などと言われると、そうなる嫌いは否定できない。しかし、最近特に、メーカー各社のEVに対する本気の姿勢がうかがえるのも事実。各社が取り組むEV用アーキテクチャーの開発も、そうした傾向の一つとして挙げられる。

2019年のフランクフルトショーで発表された「ホンダe」。
2019年のフランクフルトショーで発表された「ホンダe」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事