シトロエンが100周年記念特別仕様車「オリジン」の第3弾を「C3エアクロスSUV」に設定

2019.09.26 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロスSUVオリジンズ
シトロエンC3エアクロスSUVオリジンズ拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年9月26日、シトロエンのコンパクトSUV「C3エアクロスSUV」に、創業100周年を記念した特別仕様車「ORIGINS(オリジンズ)」を設定し、同年10月21日に発売すると発表した。

専用ロゴの入ったタグが付けられた「C3エアクロスSUVオリジンズ」のフロントシート。
専用ロゴの入ったタグが付けられた「C3エアクロスSUVオリジンズ」のフロントシート。拡大
通常はパッケージオプションとなる「ヒルディセントコントロール付きグリップコントロール」を装備。
通常はパッケージオプションとなる「ヒルディセントコントロール付きグリップコントロール」を装備。拡大
「C3エアクロスSUVオリジンズ」のリアハッチに貼られたオリジンズロゴステッカー。
「C3エアクロスSUVオリジンズ」のリアハッチに貼られたオリジンズロゴステッカー。拡大
ドアミラーやルーフ、ルーフレールをブラックでコーディネート。17インチアロイホイールも専用装備となる。
ドアミラーやルーフ、ルーフレールをブラックでコーディネート。17インチアロイホイールも専用装備となる。拡大

C3エアクロスSUVは、最高出力110PSの1.2リッター直3ガソリンターボエンジンを搭載するBセグメントモデル。シトロエンのSUV第2弾として2019年7月16日に発売された。

今回設定のオリジンズは、上級グレードの「シャイン」をベースに、創業100周年記念の特別装備を数多く採用。100周年記念イヤーの2019年のみ製造されるモデルとなる。特別装備は下記の通り。

  • オリジンズロゴステッカー(フロントドア)
  • ブロンズカラーアクセント(ドアミラー/ヘッドライトベゼル)
  • ブロンズアクセント入りダッシュボード
  • テールゲートエンブレムステッカー
  • ホワイトリアクオーターパネルステッカー
  • ブロンズステッチ入りファブリックコンビネーションシート(グレー/ブラック/ホワイト)
  • オリジンズロゴ入りフロントシートタグ
  • ブラックドアミラー
  • ブラックルーフ&ルーフレール
  • グリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)
  • 専用フロアマット
  • 17インチアロイホイール

価格は295万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
C3エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
ホームへ戻る