「ベントレー・ブロワー」や「アストンマーティンDB5」が復活! 名車の“継続生産”は英国ブランドにお任せあれ

2019.10.02 デイリーコラム

きっかけはアストンマーティン

近年、クラシックカーを取り巻く世界の中で、コンティニュエーション(Continuation)という言葉を目にするようになった。辞書(Weblio)によれば、続けること、継続、連続、持続、存続、(中断後の)継続、再開、などとある。クラシックカーの話題には、この中の「(中断後の)継続」が当てはまるだろう。

以前にニュースで報じたように、最近ではベントレーが1929年のレーシングモデル「ブロワー」を12台復刻生産すると発表しているが、こうした動きはここ数年、英国の高級車メーカーで活発化している。アストンマーティンは2017年にコレクター向けに25台の「DB4GT」のコンティニュエーションモデルを手がけると、2019年には「DB4GTザガート」の復刻を、2020年には「DB5」のコンティニュエーションを手がけると発表した。

メーカー自身による過去の例には、1987年にアストンマーティンが歴史的人気モデルである1961年「DB4GTザガート」を継続生産したのが、先駆的な試みとして記憶されている。その際には、25台の生産を計画してシャシーナンバーが割り振られながら未完に終わった残り4台を忠実に複製し、「サンクションII」として販売した。

ジャガーも活発で、1957年のブラウンズレーン工場の火災で生産されずに終わった9台の「XKSS」を継続生産すると2018年に発表している。それに先だって、これまた少量生産されたライトウェイト「Eタイプ」の再生産を手がけて話題となった。

さらに、しばらく乗用車生産を休止していたアルヴィスも、1937年に登場した「4.3リッター」シリーズと、65年登場の「TE21」シリーズの2車種を再生産すると発表した。4.3リッターシリーズは第2次大戦によって生産されなかった77台を製作する計画だ。

「アストンマーティンDB4GTザガート」のコンティニュエーションモデル。FIA承認のロールケージを備えてサーキット走行を想定している。ホイールはもちろんボラーニ製。
「アストンマーティンDB4GTザガート」のコンティニュエーションモデル。FIA承認のロールケージを備えてサーキット走行を想定している。ホイールはもちろんボラーニ製。拡大
ニューポートパグネルに本拠を置く、アストンマーティンのヘリテージ部門本部で約4500時間をかけて製作される。
ニューポートパグネルに本拠を置く、アストンマーティンのヘリテージ部門本部で約4500時間をかけて製作される。拡大
アルミ製ボディーは成形工具のイングリッシュローラーやハンマーなどを駆使して製作される。こうした技術がコンティニュエーションを支えている。
アルミ製ボディーは成形工具のイングリッシュローラーやハンマーなどを駆使して製作される。こうした技術がコンティニュエーションを支えている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事