安全性と利便性を高めた特別仕様車「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド」発売

2019.10.01 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド
フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月1日、コンパクトハッチバック「ポロ」の特別仕様車「ポロTSIコンフォートライン リミテッド」を発表。同日、販売を開始した。

 
安全性と利便性を高めた特別仕様車「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド」発売の画像拡大
 
安全性と利便性を高めた特別仕様車「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド」発売の画像拡大

今回のポロTSIコンフォートライン リミテッドは、「TSIコンフォートライン」をベースに、ドレスアップに加えて、安全性や利便性の向上が図られた特別仕様車。以下のアイテムが装着されている。

  • LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き) 
  • スマートエントリーシステム「Keyless Access」
  • 純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」(SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、 Bluetoothオーディオ+ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、「Volkswagen Media Control」アプリケーション対応)
  • ETC2.0対応車載器
  • モバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」(コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide & Inform」)
  • レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • 185/65R15タイヤ+5.5J×15インチアルミホイール(10スポーク)

価格は259万9000円(消費税10%を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • 新型「ゴルフ」などフォルクスワーゲン各車が2021年10月から新価格に 2021.8.26 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年8月26日、同年10月1日付で国内で販売するフォルクスワーゲン車の一部グレードおよびオプションの価格を改定すると発表した。
ホームへ戻る