安全性と利便性を高めた特別仕様車「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド」発売

2019.10.01 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド
フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月1日、コンパクトハッチバック「ポロ」の特別仕様車「ポロTSIコンフォートライン リミテッド」を発表。同日、販売を開始した。

 
安全性と利便性を高めた特別仕様車「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド」発売の画像拡大
 
安全性と利便性を高めた特別仕様車「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン リミテッド」発売の画像拡大

今回のポロTSIコンフォートライン リミテッドは、「TSIコンフォートライン」をベースに、ドレスアップに加えて、安全性や利便性の向上が図られた特別仕様車。以下のアイテムが装着されている。

  • LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き) 
  • スマートエントリーシステム「Keyless Access」
  • 純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」(SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、 Bluetoothオーディオ+ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、「Volkswagen Media Control」アプリケーション対応)
  • ETC2.0対応車載器
  • モバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」(コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide & Inform」)
  • レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • 185/65R15タイヤ+5.5J×15インチアルミホイール(10スポーク)

価格は259万9000円(消費税10%を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る