最高出力306PS! 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン/クロスオーバー」の最新モデルが日本上陸

2019.10.02 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークス クラブマン
MINIジョンクーパーワークス クラブマン拡大

BMWジャパンは2019年10月2日、ステーションワゴン「MINIクラブマン」およびSUV「MINIクロスオーバー」のトップパフォーマンスグレード「ジョンクーパーワークス(JCW)」の改良モデルを発表し、同日、販売を開始した。

今回、導入される改良型JCWではパワートレインを大幅に強化。“MINI史上最速”であることがうたわれている。

 
最高出力306PS! 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン/クロスオーバー」の最新モデルが日本上陸の画像拡大
 
最高出力306PS! 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン/クロスオーバー」の最新モデルが日本上陸の画像拡大
 
最高出力306PS! 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン/クロスオーバー」の最新モデルが日本上陸の画像拡大
MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(海外仕様)
MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(海外仕様)拡大
 
最高出力306PS! 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン/クロスオーバー」の最新モデルが日本上陸の画像拡大

搭載される2リッター直4ターボエンジンは、強化クランクシャフトや専用ピストン、改良型ターボチャージャーなどを採用するなどしてハード面を新設計。従来モデルを75PSと100N・m上回る、最高出力306PS/5000rpm、最大トルク450N・m/1750-4500rpmを発生する。ロックアップ機構とローンチコントロール機能を備えた電子制御式8段スポーツATを介して4輪を駆動し、動力性能は最高速が250km/h、0-100km/h加速のタイムはJCWクラブマンが4.9秒、JCWクロスオーバーが5.1秒と公表されている。

エンジン性能に合わせて各部のセッティングも見直されており、ラジエーターを2つ備えたり、リザーバータンクを大型化したりと、冷却性能を強化。フロントには従来モデルよりも25mm拡大された360mmのブレーキローターを装備する。エンジンサウンドにも専用チューニングが施されており、JCWクラブマンには直径95mmのツインエキゾーストパイプが備わる(JCWクロスオーバーは同85mm)。

フロントアクスルには新たに機械式のディファレンシャルロックを採用。ダイナミックスタビリティーコントロールとの組み合わせにより、雨天時のコーナリングなどでも駆動力を的確かつ安定して路面に伝達できるという。

小幅ながらデザインにも手が加えられており、標準装備のシートにはヘッドレストに「John Cooper Works」ロゴが備わるほか、縁取りの部分は赤からグレーへとカラーリングを変更。サイドミラーキャップは空力を考慮した形状に改められている。

価格はMINIジョンクーパーワークス クラブマンが568万円で、MINIジョンクーパーワークス クロスオーバーが605万円(消費税10%を含む)。

(webCG)

関連キーワード:
MINIクラブマン, MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • 「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインに 2019.10.2 自動車ニュース BMWジャパンは2019年10月2日、「MINIクラブマン」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、販売を開始した。今回はデザインの手直しだけでなく、トランスミッションや運転支援システムにも改良を加えた。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る