自動車史にさんぜんと輝く名機よ さらば!
スバルを支え続けた「EJ20」にささぐ鎮魂歌

2019.10.07 デイリーコラム

30年にわたる歴史に幕

“世界に通用する走り”を目指し、1989年にスバル(当時は富士重工業)が社運をかけて発売した初代「レガシィ」。このクルマとともに誕生したのが、EJ型水平対向エンジンだ。長らくスバルの主力エンジン、あるいはトップスポーツモデル用のユニットとして磨き続けられてきたが、ついに本年度内(2019年度)で生産を終了すると発表された。予想はしていたし覚悟もできていたとはいえ、いざ公式に発表されると寂しいものである。

2011年あたりからEJ型の後継ユニットにあたるFA/FB型エンジンへの移行が進み、2014年からは現行型「WRX STI」、およびそれをベースとした限定車に搭載されるのみとなっていた。いよいよ環境性能面での限界を迎えたことで30年の歴史に幕を閉じるわけだが、ここでEJ20というエンジンの歴史を簡単に振り返ってみよう。

開発プロジェクトがスタートしたのは1984年。それまでの主力エンジンEA型は、1966年にスバル初の量産小型車「スバル1000」用として誕生したものだ。基本設計が古く、もともとはOHVエンジンとして生まれたこともあり、主にヘッドまわりの改良が限界に達していた。

当時、富士重工業が開発していたレガシィは、「レオーネ」時代とは次元の異なる高速性能や操縦安定性を実現することが使命となっていたので、エンジンも全面刷新する必要に迫られた。EJ型エンジンの開発の指揮をとったのは、のちにスバルテクニカインターナショナル(STI)の社長としても活躍する山田剛正氏。そして、設計図の白紙に線を引く作業から基本設計のすべてを手がけたのは、こちらも後にSTI社長となる工藤一郎氏だった。

現行型「スバルWRX STI」に搭載されるEJ20エンジン。
現行型「スバルWRX STI」に搭載されるEJ20エンジン。拡大
EJ型エンジンは、次世代のスバル車を支える基幹エンジンとして、まずは初代「レガシィ」に搭載された。
EJ型エンジンは、次世代のスバル車を支える基幹エンジンとして、まずは初代「レガシィ」に搭載された。拡大
「スバル1000」に搭載されたEA52型エンジン。EA型はEJ型以前のスバルの基幹エンジンで、やはり30年近く活躍し続けた。
「スバル1000」に搭載されたEA52型エンジン。EA型はEJ型以前のスバルの基幹エンジンで、やはり30年近く活躍し続けた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事