トヨタのコンパクトカー4車種にアウトドア志向の特別仕様車“グランパー”

2019.10.04 自動車ニュース
アクアS“グランパー”
アクアS“グランパー”拡大

トヨタ自動車は2019年10月4日、「アクア」「シエンタ」「ポルテ」「スペイド」の4車種に特別仕様車“GLAMPER(グランパー)”をそれぞれ設定し、販売を開始した。

シエンタG“グランパー”
シエンタG“グランパー”拡大
ポルテF“グランパー”
ポルテF“グランパー”拡大
スペイドF“グランパー”
スペイドF“グランパー”拡大
「アクアS“グランパー”」のインテリア。
「アクアS“グランパー”」のインテリア。拡大

今回の“グランパー”はグランピングをはじめとしたカジュアルなアウトドアな雰囲気に合うようドレスアップしたモデル。車名は「グランピングを楽しむ人」を表す造語である(グランピングもグラマラスとキャンピングを掛け合わせた造語)。ベースグレードはアクアが「S」、シエンタが「ハイブリッドG/G/ハイブリッド ファンベースG/ファンベースG」、ポルテが「F」、スペイドが「F」となる。

外装では、ドアミラーカバーとアウトサイドドアハンドル、ホイールキャップなどにブラックの加飾を採用した。

内装には「コハク」を配色したファブリックシート表皮を特別設定。アウトドアシーンに映える仕様とした。このほか専用のエンブレムおよびフロアマットも備わる。

さらに、ブラック基調の特別アクセサリーとしてTRD製の“グランパー”専用パーツをディーラーオプションで設定した。

価格はアクアが196万6800円で、シエンタが202万8400円~243万5400円。ポルテとスペイドは同一価格で194万1500円~209万5500円(すべて消費税10%を含む)。

(webCG)

関連キーワード:
アクア, シエンタ, ポルテ, スペイド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
  • どちらもトヨタの小型ハイブリッド 新型「アクア」と「ヤリス」の役割のちがいを考える 2021.7.28 デイリーコラム 2代目に生まれ変わった「トヨタ・アクア」だが、燃費性能は「ヤリス」を超えておらず、初代のような「燃費のスペシャリスト」的なクルマではなくなっている。トヨタはこの2タイプのハイブリッド車をどのように売り分けていくのか。キャラクターのちがいを考えた。
  • トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善 2021.7.19 自動車ニュース トヨタがハイブリッドのコンパクトモデル「アクア」をフルモデルチェンジ。従来モデルから全方位的な進化を図っており、バイポーラ型ニッケル水素電池の採用などにより燃費性能を約2割向上させたほか、予防安全や運転支援に関する装備も大幅に強化している。
  • 第114回:アクアだ~い好き♡! 2018.12.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?
ホームへ戻る