トヨタのコンパクトカー4車種にアウトドア志向の特別仕様車“グランパー”

2019.10.04 自動車ニュース
アクアS“グランパー”
アクアS“グランパー”拡大

トヨタ自動車は2019年10月4日、「アクア」「シエンタ」「ポルテ」「スペイド」の4車種に特別仕様車“GLAMPER(グランパー)”をそれぞれ設定し、販売を開始した。

シエンタG“グランパー”
シエンタG“グランパー”拡大
ポルテF“グランパー”
ポルテF“グランパー”拡大
スペイドF“グランパー”
スペイドF“グランパー”拡大
「アクアS“グランパー”」のインテリア。
「アクアS“グランパー”」のインテリア。拡大

今回の“グランパー”はグランピングをはじめとしたカジュアルなアウトドアな雰囲気に合うようドレスアップしたモデル。車名は「グランピングを楽しむ人」を表す造語である(グランピングもグラマラスとキャンピングを掛け合わせた造語)。ベースグレードはアクアが「S」、シエンタが「ハイブリッドG/G/ハイブリッド ファンベースG/ファンベースG」、ポルテが「F」、スペイドが「F」となる。

外装では、ドアミラーカバーとアウトサイドドアハンドル、ホイールキャップなどにブラックの加飾を採用した。

内装には「コハク」を配色したファブリックシート表皮を特別設定。アウトドアシーンに映える仕様とした。このほか専用のエンブレムおよびフロアマットも備わる。

さらに、ブラック基調の特別アクセサリーとしてTRD製の“グランパー”専用パーツをディーラーオプションで設定した。

価格はアクアが196万6800円で、シエンタが202万8400円~243万5400円。ポルテとスペイドは同一価格で194万1500円~209万5500円(すべて消費税10%を含む)。

(webCG)

関連キーワード:
アクア, シエンタ, ポルテ, スペイド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタが「アクア」特別仕様車の安全装備を強化 2020.6.3 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月3日、ハイブリッド車「アクア」の特別仕様車「S“スタイルブラック”」にパノラミックビューモニターを追加装備し、販売を開始した。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7 2017.3.30 スーパーカークロニクル 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
ホームへ戻る