第146回:それでもやっぱりシトロエン

2019.10.15 カーマニア人間国宝への道

古ければ古いほどエライ

先日、シトロエンの100周年イベントに行ってきました。9月23日に行われた、『代官山モーニングクルーズスペシャル~シトロエン~』のパレードランに、愛車の「DS3」で参加したのです。

これは、ヒストリックシトロエンによるパレードランと銘打たれていて、DS3みたいな新しいモデルが参加してもえーの? って感じでしたが、歴代モデルをなるべくくまなく並べたいということだったので、端っこに混ぜてもらいました。

朝、集合会場の代官山 蔦屋書店に到着すると、うおお、いるいる! 憧れの「DS」(元祖)や「SM」が! スゲー!

思えば、シトロエンほど「古ければ古いほどエライ」というヒエラルキーが強いブランドはないかもしれない。フェラーリでも、古いモデルほど希少で価値が高いという傾向はあるものの、新しいフェラーリほど速いので、スーパーカーという立場上、新旧なんとなくバランスが取れる。

ところがシトロエンの場合、速いとか信頼性が高いとかいった世俗的な部分はまったく価値がない。いや、足として使う場合はもちろんそれなりに大事ですが、こういうイベントでは価値はない。ほぼダイレクトに古ければ古いほどエライ!

個人的には、「2CV」より前のシトロエンはチンプンカンプンなので、シトロエンはDSが頂点! 次はSM! そのような価値観で生きております。

会場となる代官山 蔦屋書店にはシトロエンの歴代モデルが集合していた。
会場となる代官山 蔦屋書店にはシトロエンの歴代モデルが集合していた。拡大
筆者の愛車、シトロエン時代の「DS3」。
筆者の愛車、シトロエン時代の「DS3」。拡大
シトロエンDS
シトロエンDS拡大
シトロエンSM
シトロエンSM拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
ホームへ戻る